iPhone8の「確定デザイン」としてCAD図面のリーク画像を公開した米メディアForbesが、先日の図面をもとにリアルな3Dレンダリング画像を公開しました。画面四方のベゼル幅は4mmとなり、背面にTouch IDを埋め込む案は消滅した、と報じられています。

四方のベゼルは厚さ4mm

先日、iPhone8の「確定デザイン」してCAD図面を公開した米メディアForbesが、Appleのサプライチェーンに強い情報網を持つケースメーカーのNodusが制作したレンダリング画像を公開しました。
 
ディスプレイ四方のベゼルの厚みは4mmで、側面にはディスプレイがないデザインとなっています。
 

 
また「プランB」と呼ばれていた、背面にTouch IDを搭載する案は消滅したそうです。

大型化した電源ボタンはTouch IDの画面埋め込み失敗時の保険?

iPhone7/7 Plusで廃止されたヘッドホンジャックは引き続き搭載されず、iPhone7/7 Plusで採用されたステレオスピーカーは継承されています。
 

 
本体側面の電源ボタンが大型化しており、これはTouch IDをディスプレイに埋め込むことができなかった場合は電源ボタンに埋め込めるよう、保険の意味合いがあるのではないか、と指摘しています。
 

iPhone7 Plusを上回るバッテリー持続時間を実現

ディスプレイ上部中央の3Dセンサーが収まるスペースの左右は、バッテリー残量や電波強度を示す表示にあてられる模様です。
 

 
L字型バッテリーを搭載することで、本体サイズはiPhone7 Plusより小型ながら、iPhone7 Plus以上のバッテリー持続時間を実現しているとのことです。
 

iPhone8は、シリーズ史上で最も高額な製品となり、価格は1,100ドルか1,200ドルからのスタートとなり、ストレージは128GBと256GBが用意される模様だが、この点についてForbesは正確な情報を把握できていない、としています。

iPhone8用ケースの製造に向け開発中

Nodusはこれらの情報をもとにiPhone8用ケースの製造に向けた開発を進めているそうです。手帳型ケースに入ったイメージがこちらです。
 

 
レザー製シェルケースに入ったイメージがこちらです。
 

 
米メディアPhoneArenaは、iPhone8の発表イベントは9月5日か6日に開催され、発売は15日か22日になるが、iPhone8だけは遅れると報じています。
 
 
Source:Forbes
(hato)