星野源、親と一緒に入っていたお風呂懐かしむ

写真拡大

音楽家・俳優・文筆家として活躍する星野源の新曲「肌」が、花王「ビオレuボディウォッシュ」の新CM「お風呂からひとつになろう」篇のCMソングとして、7月27日から全国でオンエアされることが明らかになった。また、星野は同商品の新CMキャラクターとして起用され、CMにも出演する。

CMは、たくさんの家族のお風呂写真に囲まれたセットの中を、星野が「肌」を口ずさみながら登場し、それぞれの家族写真を眺める様子が収録されている。新曲「肌」もいち早く聞けるチャンスなので、ファンは要注目のCMとなりそうだ。

ちなみに、星野は撮影中「昔よく親と一緒に、お風呂の桶にボディタオルを乗せ、タオルに洗浄料をこすりつけて横から“ふー”と息を吹きかけ大きな泡を作って遊んでいた」というエピソードを語り、子どもの頃、親と一緒に入っていたお風呂は「気持ちいい時間だった」と振り返っていた。

また、今回のCMのために書き下ろした、「肌と肌のふれあい」をテーマに歌っている楽曲「肌」についてもコメント。普段のCMでは流れてこないような雰囲気の音楽が出来上がり、星野自身も作っている中で新鮮さを感じたそうで、「視聴者の方々の目や耳にも新鮮に映るといいな」と語っている。先日リリースの詳細が発表され、8月16日に発売されるニューシングル「Family Song」にも収録される予定だ。