Image: QM weather.


IoTガジェットは高機能で便利じゃないといけないなんて思い込んでたとしたら、この「QM weather.(クムウェザー)」はその固定観念を覆すかっこよさ。

このガジェットは、インターネット上の天気情報を取得して映し出すだけの単機能なIoTサイネージで、メッセージの通知も音楽の再生も音声認識もできません(でも時計表示くらいしてくれてもいいのに)。

だからこそ、美しくシンプルに徹したプロダクトデザインは秀逸で、日々の自分の生活に溶け込まれたら気分が上がりそうで欲しくなります。


20170724weather2.jpg
Image: QM weather.


ACアダプターから電源をとり、Wi-Fiに接続してOpenWeatherMapから天気予報情報を取得。点灯で現在の天気、点滅で予報天気を表示し、ライトの色で予報気温がわかるようになっています。iPhoneのアプリから天気予報を表示する地域や点灯する色をカスタマイズすることができます(Androidは未対応)。

サイズは横幅250mm×高さ100mm×奥行き70mmで、本体の重さは550g。


20170724weather3.jpg
Image: QM weather.


デザインは、それぞれ異なるデザインチームが手掛けた4種類で、どれも木の色やアイコンのデザインにそれぞれのこだわりがあって素敵です。


20170724weather4.jpg
Image: QM weather.


自宅のリビングにおしゃれなインテリアとして、傘を忘れないように玄関においたり、寝室において朝の服装選びの参考にしたり、天気がわからない高層階のオフィスに、ホテルやお店のカウンターにあっても素敵ですね。

法人向けには、台座のロゴ彫刻、パネルの天気アイコンのカスタマイズデザイン対応も行なうとのことです。

価格は1万3000円(税別)、7月20日より蔦屋書店(中目黒店、柏の葉店)、二子玉川 蔦屋家電、NU茶屋町にて販売開始。KAMARQのECサイト他、順次拡大予定です。


Image: QM weather.
Source: QM weather.

(mayumine)