「ホーム・アローン」主人公の父役俳優が死去

写真拡大

「ホーム・アローン」シリーズで知られるジョン・ハードがこの世を去った。72歳だった。

7月21日、カリフォルニア州パロアルトにあるホテルの一室で、ジョンは亡くなっていたという。ハード家の親しい関係者によると、ホテルの清掃員がジョンを発見したそうで、その後救急隊員が駆けつけたものの、その場で死亡が確認されたと米ゴシップサイト・TMZが報じている。

現在のところ明確な死因については明らかになっていないが、警察は他殺の可能性はないとしている。

ジョンの代理人によると、先週始めにスタンフォード・メディカル・センターで「背中の小手術」を受けたジョンは、療養のため同ホテルに滞在していたそうだ。

1970年後半からハリウッドでそのキャリアをスタートさせたジョンは、「チリー・シーンズ・オブ・ウィンター」に初出演を果たし、「ハート・ビート」や往年の名作「男の傷」「C.H.U.D.」「キャット・ピープル」「アフター・アワーズ」「ビッグ」「フォーエバー・フレンズ」などに出演している。

その一方でジョンの最も有名な役どころとしてはTVドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」や1990年作「ホーム・アローン」、1992年作「ホーム・アローン2」の中で演じたマコーレ・カルキン扮する主人公の父ピーター・マカリスター役などがある。

ジョンの訃報を受けてソーシャルメディア上では多くのファン達が追悼のメッセージを贈っている。