24日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がAbemaTV(アベマTV)でMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(毎週月曜21時〜)が放送され、茨城県在住のタレント・鈴木奈々が「茨城の海のナンパ事情」を紹介。“ブス枠”のゲストたちに勇気と希望を与えた。

 番組中盤では「海で見たブス」をテーマにトークを展開。「海のブスはナンパされるとすぐ付いて行く」という意見が出ると、小木は“ブス枠”のゲストたちに向け、「さすがに海に行けばナンパされるよね?」「遠目だと(誰でも)良さそうに見えるから」と質問した。芸人・川口ゆまは「ナンパされたら付いて行きますね」と回答したが、「水着から服に着替えたら帰らされたことがある」と明かし、それが“水着マジック”によるものだったとトホホ顔で説明。矢作は「まあなー」と納得顔を浮かべていた。

 一方、“美人枠”の鈴木は、海でのナンパについて慎重な姿勢。「海でナンパされると、持って帰られそうでこわい」「無視もする」と、ホイホイ付いていきそうな“ブス枠”のゲストとの差を語った。また、つい最近の出来事として、「海に行ったら10人くらいのヤンキーの集団に『鈴木奈々だ』ってバレて追いかけられた。お父さんと一緒にいたのに……」と恐怖体験を告白した。

 そんな鈴木だが、「海にはめっちゃ行く。茨城県民なので、大洗に行く」とのこと。「大洗はナンパばかり。ナンパされたい人は大洗がお薦め」とPRし、ナンパ待ちのブスゲストたちは「大洗に行きたい!」と大盛り上がり。矢作は「みんなで大洗ロケしてくれよ。ナンパされるかどうかVTR撮ってきて」とけしかけ、鈴木も「ブスでも大丈夫!」と太鼓判を押していた。

 ナンパされてみたい人は、茨城県・大洗海岸に足を運んでみてはいかがだろう。

(c)AbemaTV