トレ女の胸問題。あっさり解決するブラトップ見つけちゃいました

写真拡大 (全3枚)

トレ女の胸、つぶさずにホールドしてほしい

そもそも胸の膨らみのあり方は、女性にとってなかなかの難題です。大きすぎても何だか恥ずかしいし、小さいと寂しい気分になってしまいます。トレーニングをする時は、揺れると邪魔だし重い。言ってみれば脂肪のかたまりなので、しっかりホールドされていないと、カップからはみ出したり、ズレたりと美しくありません。

自分基準でカッコイイ胸になっているか

きれいなバストラインは人それぞれの好みはあるけれど、丸くて、ふんわりしている感じはキープしておきたい。とは言っても、トレ女的にはその胸を誰かに見せるのでもないから、別に強調されていなくてもよくて、全体としてバランスよくカッコイイことが大切。あくまでも自分基準で納得いく形に収まっているかどうか、なのです。

ということで、ブラトップを選ぶのなら、チェックポイントは
1:ホールド力
2:サイズ感
3:デザイン

ホールド力は、さまざまな動きに対して、どんな場合もきちんと違和感なく収まっているか。緩くなく、きつくなく、バストを潰さずに保ってくれるのか?ということです。

ヨガの雑誌の撮影で着た一枚がオススメのワケ

今回ヨガの専門誌『Yogini』の第2特集は「肩立ちのポーズ」という、逆さまになるポーズをどう取るのか、がテーマでした。ここで、ヨガのインストラクターでもあるモデルさんが着たのはブラトップ。肩で土台を作ってノドをぐっと締めて、背筋をスーッと伸ばします。大事なのは、胸と顔をいかに引き寄せられるかで、それによって無駄なく肩だけで土台を作ることができ、背筋の伸び方まで変わります。

要するに、胸まわりはかなり重要で、この時に着る物によっては胸が横流れしてしまい、落ち着かずポーズがまとまりません。しっかりとホールドしてくれるからこそ、体を自由に動かせるし、そこに神経を割かなくてすむわけです。だから「自分と対話する」というトレーニングの本質的な課題もクリアできます。

で、ここで着ていたブラトップはかなりオススメ。アシックスから新しく展開されるトレーニングアパレルなんですが、ホールド力ばっちりで、違和感、不安感はまったくなし。タイツとセットアップでも着られる。いい写真が撮れたというわけです。その感じは写真でわかりますよね?

ライター:豊田紗江
出典:Yogini vol.59
アシックスジャパン http://asics.tv/2tsWLIQ
モデル:沖知子
写真:樋口勇一郎、市田智之