学歴が健康格差を生む可能性 大学院卒の病気リスクが最も低い結果に

ざっくり言うと

  • 学歴は収入よりも健康格差を生む可能性あることが米大学の調査で分かった
  • 最終学歴が高いほど循環器疾患のリスクは下がり、大学院卒が最も低い結果に
  • 高校中退者の発症リスクは50.5%で、高卒の41.7%に比べ約10%も高いそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング