メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「彼と別れてから無気力になっている」という、ちよさん(31歳・自営業)に、心屋塾上級認定講師のひらいなずさんからアドバイスをいただきました。


© leszekglasner - Fotolia.com



■ちよさんのお悩み
1年半同棲していた彼と別れてから、自分が何をしたいの分からず無気力になっています。彼が仕事で独立する際、私は「一緒に頑張りたい」と言ったのですが、彼からは「ひとりの方が頑張れる、結婚はできない、仕事のことでいっぱいで、好きなのかも分からなくなった」と言われ、別れに至りました。

「結婚したいし、子どもも欲しい」という話もしていたので、とてもつらかったのですが、お互いのためだと思って別れました。でも日が経つにつれ、彼の存在が大きく感じられ、つらいです。引越も考えてますが、今自分が何をしたいのかわからないでいます。

※一部、質問内容を編集しています。



■心屋塾上級認定講師のひらいなずさんより

ちよさん、初めまして。ひらいなずです。

結婚まで考えていた彼との別れ、つらかったと思います。同棲を解消してからどのくらい時間が経っているか投稿からはわかりませんが、今のちよさんの頭のなかをいっぱいにしているのは「なぜ?」「どうして?」「何がいけなかったの?」ではないかと思うのです。

しかし残念ながら、その「正解探し」はちよさんを消耗させるだけです。

「日に日に大きくなる彼の存在」の本当の意味を知ることで、今のつらさの原因が見えてくるのではないかと思います。なぜなら、そこにちよさんの心の影が現れているからです。

ちよさんにとって、結婚とはどのような意味があるのでしょう? 結婚して子どもを産むのが当たり前で、それが幸せというもの?

結婚まで考えていた彼とうまくいかなかった自分、31歳独身で子どものいない自分を「女として価値のない自分」「惨めな自分」などと思ってはいませんか?

「結婚できなかった自分」「パートナーシップの構築に失敗した自分」「彼に去られてしまった自分」。今のちよさんは、そんな自分を責め続けているように思えるのです。

「彼の存在」とは、実は彼そのもののではなく、自分を無価値な存在として責める気持ちのこと。日々それが大きくなるのですから、毎日がつらくて当たり前です。

私はよく「人生おままごと」というのですが、人生に起きるすべてのことは、自分の幸せに気がつくために起きていると思っています。

ちよさんもまさに、彼とのことを通じて、人生の「おままごと」を体験している最中なのではないでしょうか。「自分は価値がない。このままでは愛されない」という”勘違い”から目覚めるために――。

自分に価値がない、愛されないという勘違いは、お母さんとの関係のなかで生まれたものではと推測します。

小さい頃、お母さんに「ちゃんとしなさい」と言われることが多くはありませんでしたか? 「お母さんの役に立ちたかったのに、立てなかった」ということもあったかもしれません。

「お母さん、助けて」「お母さん、できないよ」「お母さん、褒めて」「お母さん、一番好きって言って」「お母さん、こっちみて」「お母さん、一緒にいて」

そんな言葉を言ってみて、どう感じますか? 言いにくい言葉、涙が出る言葉があったら何度もつぶやいてみてくださいね。

もし、具体的に「あのとき、お母さんにこうしてもらえなくて、寂しかったな、つらかったな、悲しかったな」と感じるエピソードを思い出したら、そう思っていたことを実際にお母さんに伝えてみるのもいいと思います。

そしてもうひとつ。1年半の同棲期間(その前の恋愛期間も含めて)、彼のことを精一杯愛した自分に「頑張ったね」と声をかけてあげてください。

「もっとこうすれば、もっとああすれば」という思いはあるかもしれませんが、そのときの自分は精一杯だった。彼を想い、彼を一生懸命愛したし、彼からも愛された。

つらいと感じている自分に「よくやったよ。そんなあなたを誇りに思うよ」と声をかけてほしいのです。

「自分には価値がない。このままでは愛されない」そんな心の勘違いを解きながら、ゆっくりと心を癒して休んでください。無気力はいけないことと感じているようですが、それは「休め」の合図です。

恋愛を通して、自分の価値を見出そうと頑張ってきた自分のその頑張りを”棚おろし”してみてください。恋愛だけでなく、仕事やお金のこと、人間関係など、あらゆるところで頑張りすぎていた自分に気がつくかもしれません。

そうしているうちに、自然と元気が出てくると思います。「好きなカフェでお茶をしたいな」「映画を観に行きたいな」、そんな気持ちになってきたら、どんどん自分にそうさせてあげてください。

彼がいてもいなくても、結婚してもしていなくても「自分の価値」には関係ないし、自分の人生を作っていくのは、パートナーでもなく子どもでもなく、自分自身であることを忘れないでくださいね。

ちよさんが「彼とのことはあれでよかったんだ」と笑って思える日が来ることを信じています。

・このカウンセラーのブログを読む
(ひらい なず)