心の休ませ方を知れば生きやすくなる!心のリラックス方法とは

写真拡大

「毎日が楽しくない」「仕事や家庭で悩み事が絶えない」こんな方は、ストレスによって心が侵されている可能性が大。心の休ませ方を知って、ストレスに負けない健やかな精神を育んでいきましょう。今回は、幸福な人生を送るために知っておくべき、心のリラックス方法についてご紹介します。

 心を休ませてストレスに強くなる

portrait stressed sad young woman outdoors. City urban life style stress

現代を生き抜くには、心のリラックス方法を知り、ストレスに負けない健やかな精神を育てていかなくてはなりません。
リラックスと聞くと、多くの方は緊張をほぐしたり、肩の力を抜いたりする行動を想像されることでしょう。
それは正常に行動を起こすための身体のリラックスであり、心のリラックスはストレスを溜めないために行います。

 

Young woman at home sitting on modern chair in front of window relaxing in her living room reading book, instagram toning

実際に、心のリラックス方法を身に付けることができれば、ストレスを感じにくくなります。
今までなら不快感や怒りを感じてしまうようなことにも、平常心で対応できるようになるのです。

参考:まおライフデザイン研究所

 

不安や恐怖から逃げるのではなく受け入れる

Portrait of attractive minded woman with curly hair dreaming about smth

ストレスが溜まってしまうのには、これから起こりそうなことに対する不安や恐怖が関与しています。
「仕事の業績が落ちたらどうしよう」「あの人に別れを告げられたらどうしよう」「仲間はずれにされたらどうしよう」こういった“もしも”の不安や恐怖がストレスを引き起こすのです。

 

Modern business woman in the office with copy space

心をリラックスさせるためには、こういったこれから起こりそうな不安や恐怖に怯えるのではなく、「起こっても大丈夫」「起こったときはその時だ」という心構えで受け入れてしまいましょう。
恐怖や不安を受け入れると、自然と勇気が身に付きます。
すると、日々の生活の中で自分の意思を尊重できるようになり、不思議と心がリラックスした状態で毎日を過ごせるようになるのです。

参考:こころにまるを

 

我慢の仕方にも気をつけよう

Sad girl waiting for a mobile phone call or message from her boyfriend sitting in a bench outside in the street with an urban background

心をリラックスさせるには、我慢の仕方にも気をつけましょう。

我慢には、人や自分のためにする意味のある我慢と人や自分のためにならない無駄な我慢があります。

前者の我慢は結果として何かを得ることができるので、我慢によって感じるストレスも一時的なものです。
しかし、後者の我慢は時間が経ってもストレスを感じたままの状態が続き、最終的に自分を苦しめることになります。

心に大きな負荷を背負わさないためにも、何にでも我慢をしてしまう癖がある方は、すべき我慢としなくて良い我慢の違いを見極めるようにしましょう。

参考:すてきにうつ

恐怖や不安を受け入れる勇気を持つ、無駄な我慢をしない、この2つを心掛けるだけで驚くほどに心が安らかになります。
ストレスや悩みを抱えやすいという方は、是非今回ご紹介した内容をもとに心のリラックスを図ってくださいね。

 

関連記事

朝は脳を活性化させる!朝活で快活&有意義な毎日を過ごそう

日頃の生活に「目的と目標」をもって、より日常を充実させよう