東京五輪音頭の歌詞の変更点を説明する古舘伊知郎(右)の話を聞く(左から)テリー伊藤、石川さゆり、中村アン

写真拡大

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、開幕まで3年となった大会の機運を盛り上げるため、1964年東京五輪当時に故三波春夫さんらが歌った「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭2020」の制作を発表した。同曲の歌手には加山雄三(80)、石川さゆり(59)のほか、CMソングで人気上昇中の竹原ピストル(40)も抜てきされた。

 ♪オリンピックの顔と顔――で有名な「東京五輪音頭」。

 「あの日ローマでながめた月が」と歌われた箇所は「リオデジャネイロでながめた月が」になり、「菊の香りの秋の空」は「入道雲の夏の空」となるなど、1964年当時の歌詞が2020年の開会時期に合わせて一部が変更された。ほかにパラリンピックの要素や新たに5番も加えられた。1番を石川、2〜5番のいずれかを加山と竹原が歌う。

 8月4日からインターネットで配信と映像を公開。組織委は全国の夏祭りや盆踊りで使われることを期待している。

 発表会場で加山に続いて、竹原の名前が発表されると、普段五輪や都政を担当している記者が「えっ、誰?」と顔を見合わせる場面も。加山、石川に比べると全国的な知名度はまだまだだが、その歌声は「ダウンタウン」松本人志(53)、玉置浩二(58)、本木雅弘(51)ら多くの著名人を魅了。竹原を起用した理由について組織委関係者は「若者を中心に大ブレーク中で、著名人の中にも熱心なファンが多い。東京五輪音頭を知らない世代にも広めてほしい」と新たな顔としての期待を口にした。

 年250〜300本もの弾き語りライブを行う竹原は、しゃがれた声で熱唱する姿から「魂の歌うたい」と称される。今年に入り、CM曲に起用された「よー、そこの若いの」「俺たちはまた旅に出た」が相次いで反響を呼んでいる。

 竹原は全国ツアー中のため、出席を見合わせたが「己の限界に挑まんとする選手の闘志、情熱に恥じぬよう弾き語りで精いっぱい歌わせていただきます」とメッセージを寄せた。

 ◆竹原 ピストル(たけはら・ぴすとる)本名竹原和生。1976年(昭51)12月27日、千葉県生まれの40歳。道都大(北海道)時代はボクシング部主将。フォークデュオ「野狐禅(やこぜん)」で03年デビュー。09年からソロ。昨年の映画「永い言い訳」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞するなど俳優としても評価が高い。