脳損傷のヌーリのために…KPボアテング、「重ね着する」と誓う

写真拡大

先日、試合中に不整脈で倒れたアヤックスMFアブドゥルハーク・ヌーリ。まだ20歳と若い彼だが、脳に永久的な損傷を負ってしまった。

そんなヌーリに対しては多くのチームや選手たちからエールが送られている。ラス・パルマスに所属する元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングも、SNS上である表明を行った。

@prince09_がシェアした投稿 -

ヌーリが着けていた背番号34番のウェアを手にしたボアテングは、こう綴っていた。

ケヴィン=プリンス・ボアテング

「このシャツを1年中、自分のユニフォームの下に着ることを決めたよ!

僕からのサポートを示すために。ヌーリのことを祈っているからね」

ヌーリのことを思い、彼のウェアを身に着けて今シーズンを戦うことに決めたとのこと。