自然に恵まれたフランス南部(アヴェロン県)の風景。エアビーを利用すると世界各地のさまざまな「家」を楽しむことができる(資料写真)


 ここ数年、「民泊」という言葉を頻繁に耳にするようになった。日本では6月9日に住宅宿泊事業法(通称「民泊新法」)が参院本会議で可決・成立し、来春にも施行される見通しとなった。さまざまな課題を積み残しながらも、民泊は事実上“解禁”となる。

 2008年にスタートした民泊サイト最大手の「Airbnb」(エアビーアンドビー、本社・米カリフォルニア州、以下「エアビー」)は、現在、191カ国・6万5000都市で350万件の民泊物件を稼働させている。その利用者の累計は1億6000万人に上る。最近は日本でテレビCMも流し始め、さらなる普及に努めている。

 果たして欧米のように日本でも民泊サービスは普及するのだろうか。今回は利用者の視点から考えた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

個性あふれるさまざまな家を楽しめる

 京都に住むMさん(39歳)は、フランス人男性と結婚した日本人女性である。現在、夫の親戚と一緒にひと夏かけてフランスの田舎を泊まり歩くバカンスの最中だ。宿泊先はエアビーで予約した。

 Mさんによれば、「人数が多くなれば多くなるほど、エアビーを利用するのがお得」なのだそうだ。「個性あふれるさまざまな欧州の『家』を楽しむ」ことができるのも大きな魅力だという。

Mさんが泊まったフランスの民泊(Mさん撮影)


 Mさんはエアビーを利用するようになった経緯をこう語る。

「近年、欧州では、バカンスの新しいスタイルとして“家の交換”が注目を集めていました。異なる土地に住む人たちが家を交換すれば、宿泊費を節約できます。その流れと重なるようにエアビーがサービスを開始したので、躊躇なく利用するようになりました」

 エアビーを利用すると、一軒の家を丸ごと借りることもできる。大人数の家族旅行を安くあげるにはもってこいというわけだ。

 都内の広告代理店に勤務するNさん(49歳)も英国旅行でエアビーを利用したことがある。Nさんは英国の某アーティストの“追っかけ”をしており、数年前に休暇を利用して英国を訪れた際にエアビーで宿泊先を予約した。

「20代のときはユースホステルやB&B(朝食付きの英国版民宿)など安い宿を使っていた」という彼女にとって、「外国で他人の家に泊まる」ことに抵抗はない。エアビーについては、「宿泊費を抑えられるので、とてもいいサービスだと思いますよ」と高く評価している。

上海の民泊で苦労の連続

 さて、エアビーのキャッチコピーどおり本当に「暮らすように旅をする」ことができるのか、筆者も挑戦してみることにした。エアビーを上海で初めて利用してみたのである。

 筆者が選んだのはホームステイタイプの宿。老夫婦がホストの「典型的な上海人の家」である。ホストと交流できたという点で大変意義のある滞在になった(当コラム「『日本に行ったら泊まりたい!』民宿に憧れる中国人」を参照)。

 だが、苦労もさせられた。まず、道に迷っても、ホストとタイムリーに連絡が取れない。なによりも辟易させられたのは、宿となる集合住宅にエレベーターがなかったことだ。ホストの住居は5階にあり、スーツケースを自力で運ぶのは骨が折れた。

 また、上海の旧式の集合住宅は、たいていトイレの水が流れにくい。案の定、トイレの脇には水をためたバケツが置いてあった。これしきの不便は東南アジアの旅で経験済みだったが、この日はうっかり手を滑らせてバケツの水を周辺にまき散らしてしまい、「雑巾がけ」をする羽目になってしまった。まさしく「暮らすように旅をする」である。

 コスパ面ではどうだったかというと、宿泊費は近隣のエコノミーホテルと日本円で約400円の差しかなかった。エアビーはサービス料が上乗せとなるので、トータルの支払金額はエコノミーホテルとあまり変わらなくなってしまうのである。

 エコノミーホテルの相場を下回る“お手頃価格”を探そうとすると、上海北部の不便な立地になってしまう。一方、都心の便利な場所は「一泊何千元」という「一人旅」には不向きな値段が提示されていた。

 ちなみに、上海では、2010年の上海万博時にエコノミーホテルが一気に増加した。供給過多になった結果、今でも価格競争が続いている。エコノミーホテルとはいえ、サービスも悪くない。上海への出張で利用する日本人ビジネスマンも少なくない。

サービス基準には大きなバラツキ

 一般的なホテルや旅館と同様に、民泊にも「ハズレの宿」が存在する。フランスでバカンスを楽しんでいるMさんからは、こんな不満がラインで送られてきた。

「ノルマンディーで利用した民泊は、トラブルの連続だった。ホストがふだん使っていない空き家なので、不具合だらけ。なんの説明もなく、いちいち電話やメールでホストに連絡しなければならなかった。ゴミの日やゴミ捨て場についても『ネットで自分で調べろ』と言われる始末だった」

 こういう「ハズレ民泊」に遭遇しないためには、予約段階での細心の注意が必要だ。だがそれでも“ババ”をつかんでしまうのが民泊の“スリリング”なところである。ホストによってサービス基準に大きなバラツキがあったり、場合によっては「話と違う」宿だったりすることは、前もって覚悟しておく必要があるだろう。ちなみに筆者がエアビーを利用した際、ホストは上海出身なのになぜか説明は「カリフォルニア州出身」になっていた。

 そもそも民泊サービスとは、「標準化されていないサービスや、普通の旅行では味わえない刺激こそが面白い」と感じられる“旅の通”向けのサービスと言うことができる。ちなみに前出のNさんは「私の友だちは彼氏との“密会”に民泊を使ってますよ」と耳打ちする。

 都内の大学に通う筆者の知り合いは、「私の周りに民泊を使ってる人はほとんどいないですね」と話す。日本人全体が“旅行離れ”する中で、日本人にとって「暮らすように旅する」のはややハードルが高いと言えるかもしれない。

Mさんが泊まったカナダの民泊


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:姫田 小夏