桂ざこば

写真拡大

 塞栓性脳梗塞などと診断され、5月から大阪市内の病院に入院している落語家の桂ざこば(69)が29日に神戸市で開かれる落語会で活動を再開することになった。所属事務所が24日、発表した。

 事務所によると、落語会は桂南光(65)との「ざこば南光二人会」。ざこばの体調を考慮し、昼、夜公演ともに内容はあいさつや漫談にとどめるという。31日に退院する予定で、リハビリを続けながらテレビ、ラジオ番組に徐々に復帰する。