日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。豪華執筆陣による興味深い記事を1本から購入できて読める、まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、東京・東小金井「まるえ食堂」の貝そば。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、間違いなく傑作!と叫ぶ、「まるえ食堂」の貝そばのお味とは?

【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】まるえ食堂

まるえ食堂@東小金井にて、貝そば(薄口醤油味&濃口醤油味)。

武蔵野・多摩エリアの超実力店『くじら食堂』の店主・下村氏が、ついに新たな動きを開始。

本年5月より、平日の昼営業の時間を使い、貝出汁ラーメンを提供する『まるえ食堂』を立ち上げたのだ。

ラーメンフリーク的に表現すれば『くじら食堂』の二毛作店という位置付けになる。

ラインナップは、フラッグシップメニューである「薄口醤油味」と「濃口醤油味」の貝そばが中心。

まずは、店主のオススメに従い「薄口醤油味」を注文。

最初に結論から。これは美味い!

流石は下村氏、凡百の貝出汁ラーメンとはひと味もふた味も違う味に仕上げてきた。

「薄口」は、口の中で七色に変化する貝の滋味をフィーチャーした未曾有の傑作。

それでいて、うま味が突出しがちな貝をいたずらに独走させず、鶏を中心とした動物系をしっかりと追走させている。

いわば、堅固に築き上げられた動物系の土台の上で、貝を天衣無縫に泳がせているような印象。

あまりの水準の高さにスープまで完飲。

引き続き「濃口醤油味」をオーダー。

美味い!こちらも、美味過ぎる!!

「薄口」とは打って変わって、醤油ダレが存在感を見せ付けるスープ。

出汁とタレを巧みにせめぎ合わせつつ、「薄口」よりも相対的に万人受けを狙った味を構築。

これら2杯のスープに合わせているのは、名門・三河屋製麺製のコシとハリが豊かなストレート麺。

チャーシューも、柔らかくジューシー。食紅で縁が彩られており、視覚的に絶妙なワンポイントとしても機能している。

これは、間違いなく傑作!

どこからどう見ても、文句の付けようがない。

マニアは「薄口」、一般層は「濃口」と、食べ手の嗜好に応じてスープを作り分ける才覚にも頭が下がる。やはり下村氏は、ラーメンづくりの鬼才。

そのことを、まざまざと再確認させられた次第だ。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

まるえ食堂

営業時間 11:30〜売り切れ次第終了(70食)

住所 東京都小金井市梶野町5-1-19

定休日 土曜・日曜

 

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

この著者の記事一覧はこちら

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、Facebook、Twitterを御参照ください。

まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

出典元:まぐまぐニュース!