現実をあるがままに描くと、時として非現実的になってしまうことがある。

Heloisaさんというブラジル人アーティストが画像共有サイト「imgur」やツイッターで発表している一連の作品「下手に描かれた猫(Poorly drawn cats)」はそのいい例だ。

滲み出るユーモアに顔がほころぶ

Heloisaさんが写真を元に描く猫は、まるで手抜きしたイタズラ書きのよう。だが、猫の現実の姿を正確に捉えているとも言える。現実の猫と作品の間に生まれるギャップに、何ともいえないユーモアがある。

imgurに発表されている作品を紹介しよう。

↑ 確かに現実である。

poorlycatdraw/imgur

↑ 最初、プラナリアかと思った。

poorlycatdraw/imgur

↑ 抱いているのは猫用の爪研ぎ柱なのか?

poorlycatdraw/imgur

↑ なるほど、ありえることである。

poorlycatdraw/imgur

↑ 猫の気持が絵によく表れている。

poorlycatdraw/imgur

↑ 上手い一瞬を捉えた。(写真はツイッターユーザーから送ってもらうらしい)

poorlycatdraw/imgur

Heloisaさんのツイッターアカウントpoorly drawn cats@poorlycatdrawにも作品が掲載されている。