20日、韓国の公衆トイレのうち、男性用トイレにはなく女性用トイレにのみあるという正体不明の「穴」がネットユーザーの間で話題になっている。写真は韓国の公衆トイレ、中央に「盗撮禁止、私服警官が潜伏中」との表示がある。

写真拡大

2017年7月20日、韓国の公衆トイレのうち、男性用トイレにはなく女性用トイレにのみあるという正体不明の「穴」がネットユーザーの間で話題になっている。女性からは「私も見た」との証言が集まっているが、男性は概して「見たことがない」と主張しているという。韓国・中央日報が伝えた。

あるネットユーザーが15日、ソウル中心部、新村(シンチョン)の公衆トイレで撮影したとする1枚の写真をツイッターに掲載した。トイレの個室のドアを内側から撮った写真には、ドアノブ周辺に不規則に小さな穴が開いている。投稿者は穴について、「これは(作業の)ミスではなくて故意だよね?」とし、鍵を設置するために開けたねじ穴などではなく、誰かが意図的に開けたものである可能性を指摘した。

中央日報によると、このツイートはこれまでに1万8800回以上リツイートされ、写真はフェイスブック、カカオトークなど、他のSNSにまで広がっている状況だという。

トイレの写真がこうして関心を集めている理由は、穴の中に「隠しカメラ」が仕込まれているのでは、との疑念からだ。この写真を見た男性らは「トイレでこんな穴を見たことはない」と証言しているが、女性ユーザーからは「10カ所のうち7カ所はこういう穴がある」と指摘するなど、女性用トイレではよく見られる穴だと主張している。ただし、この穴が本当に盗撮のために意図的に開けられたものかについては確認されていない。

韓国の公衆トイレなどでの盗撮への対策は今回の騒ぎの前から行われており、警察庁は先月、全国の地方警察に盗撮特別取り締まりのための電波検出装置16台とレンズ検出器70台を支給した。また海水浴客が多く集まる釜山(プサン)には、トイレに盗撮犯罪防止のための特別な造形物まで設置しているという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「こんなに穴だらけのドアから盗撮したらすぐにばれるのでは?」「盗撮しようとするやつが、こんな分かりやすい所に穴を開けるはずがない」など、盗撮用の穴とする意見への疑念の声が寄せられた。

また、「穴を見つけたら、トイレットペーパーでも詰めたらいい」「婦人警官がパトロールしたらどう?」「隠しカメラの販売を禁止すべき」など、盗撮への対策に言及した意見も。

その他に、「こういうのを見ると本当に鳥肌が立つ。これでも韓国は治安がいいと言うの?」と不安を訴える声もあった。(翻訳・編集/三田)