日常からエスケープ。大人の休日を提案する葉山のデザインホテル

写真拡大 (全9枚)

年齢を重ねるにつれて、「旅行」に求める優先順位が変わってきたように感じます。観光もいいけれど、近場でゆっくり過ごしたい。そんな大人の願いを叶えるホテルがありました。
全室オーシャンビュー葉山に佇む大人の隠れ家ホテル

今年で10周年を迎えた「SCAPES THE SUITE」は、都心からわずか1時間の距離とは思えない、閑寂な砂浜が続く葉山・森戸海岸に位置するコンパクトデザインホテル。
ホテル名の「SCAPES」は、「風景、眺望」を意味する「LANDSCAPE」と、「逃げる、脱出する」を意味する「ESCAPE」から。「美しいランドスケープへ、その日わたしたちはエスケープする」をキャッチフレーズに、都会ではたらくビジネスパーソンが休日に日常からエスケープして、大切な人と開放的に過ごす時間を提供しています。テーマの異なるゲストルームがたったの4室で、すべてがオーシャンビューのスィートルームという贅沢さ。
太陽の光をイメージしたオレンジ色が基調の客室「Mandarin orange」
葉山の空と海を一望する客室「Saxeblue」
波の音が聞こえるだけで遠くに来たような気分になるから不思議。正面に富士山や江ノ島を望む立地と、観光地とは異なる落ち着いた雰囲気は、暑ささえも心地よく感じられます。
感性を刺激する空間とサービス
高品質でかつデザイン性の高さにもこだわったスタイリッシュなインテリアは男性からも人気だそう。部屋にはドリップコーヒーセットが備え付けられ、好きなものにだけ囲まれた空間で感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。

食事は近隣で採れる野菜、朝採れの地魚など地のものを使った料理のほか、心身ともに浄化されるファスティングプランも。

屋上には貸し切りジャグジーや水平線を臨むチャペルもあり、目の前で行われる葉山の花火大会をゆったりと楽しむことができるのだとか。

アウトドア、フィットネス習慣のある人にとって、ヨガマットやスポーツウエアを無料でレンタルできるのもうれしいポイント。マウンテンバイク、ロードバイクなど近隣の自然を楽しむアクティビティが用意されています。

専門家によってチョイスされた本やCDなどライブラリーも充実。どれも知的好奇心をくすぐるセレクトでした。

4室だからこそ叶う徹底的でありながら「大人の距離感」が心地よいおもてなしは、何でもない休日にこそ訪れたいと感じました。アクティブレストからおこもりステイまで、大人の休日の過ごし方は自由自在。慌ただしい日常、そしてスケジュール過多の旅行からシフトチェンジして、暮らしに溶け込むような葉山の休日を過ごしてみてはいかがですか?

[SCAPES THE SUITE]住所:〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内922-2電話:046-877-5730