夏は五感を開いてデジタル・デトックス

写真拡大 (全7枚)

自然に包まれていたインドの巡礼
こんにちわ。インドが好きなIT翻訳者&エディターの松本恭です。
毎日暑いですが、エアコンの利いた部屋で1日中コンピューターに向かっていると、体が重くなってきませんか?こんなときは公園に行き、芝生の上を裸足で歩いてみてはいかがでしょう。芝生に寝転がったり、じっと空を見たりしてると、疲れがすーっと溶けていくのがわかります。夏の夕方は心地いいですね。

デジタル・デトックスは、スマートフォンやコンピューターへの依存を断ち切るための試みだそうですが、体に溜まった電磁波を抜く(アースする)作業とも言えるでしょう。自然に触れているだけで、生き生きした力が湧き上がってくるのを感じます。

Point!サンダルを脱いで裸足で地面を感じてみよう

今回は、大きな自然に包まれていたインドの巡礼の暮らしをご紹介します。夏の計画のヒントになれば幸いです。
真夜中2時に出発。楽しかったインドの巡礼
現代の生活は自然から遠くなっていますが、インドの巡礼では、自然とともに生きていた古代の暮らしをもう一度体験することができました。聖地バナーラスの外周約88キロの道を5日かけて歩く巡礼の旅は、肉体的にはかなり厳しいものでしたが、不思議と辛さは感じず、むしろ幸せな体験でした。
本当のインドの巡礼を味わうために、地元の巡礼団に参加させてもらったのですが、それは、毎日真夜中に起きて沐浴を済ませ、切ない響きの巡礼歌を歌いながら星空の下を歩くという、とても不思議な5日間でした。だいたい朝7時ごろ、遅くとも10時には巡礼宿に入り、深夜2時ごろの出発まで、空を眺めたり、木陰から漏れる太陽の光を見たりしながら時間が過ぎるのを待ちます。

巡礼路にある祠のひとつ © Kyo Matsumoto

不思議なことに、退屈とも言える長い時間が、ひたすら空や木々を見ているうちに、とても美しく、目が離せないほどわくわくするものに変わるのです。これは、瞑想をはじめた当初はなかなか時間が過ぎなくて辛かったのに、何度も続けるうちに、いつしか楽しくなっていたという感覚とよく似ています。

Point!巡礼の暮らしは瞑想とよく似ている

真夜中に出発するのは、ひとつにはインドの暑い日差しを避けるためですが、太陽が上る聖なる時間を巡礼しながら迎えるためでもあります。歩きはじめは、月と星が輝く完全な夜空です。しばらくすると風が吹き始めるのですが、これが夜明けの最初のサインです。東の空が濃紺から紫に変わり、だんだん赤みを増し、やがて地平線がオレンジ色に染まったら感動的な夜明けがやってきます。
夕方は、明るかった空がしだいに暗くなり、手元が見えないほどになったら夜の訪れです。

インドの夜明けはいつも感動的 © Kyo Matsumoto

星空は目が離せなくなるほど美しかった
巡礼の暮らしは古代のインドを体験する旅なので、人工的なものがほとんどなく、照明といっても大きな巡礼宿にひとつかふたつ裸電灯が灯っているだけです。もちろんテレビやラジオ、本といった情報からは完全に遮断されています。当時はスマートフォンがない時代でした。そんな夜に、歌が大好きなインドの人たちは、さまざまな歌を歌って過ごしていました。

お祈りのためのココナツを売る少年 © Kyo Matsumoto

いっしょに歌うこともありましたが、夜空を見上げるのが楽しくなっていたので、建物の屋上に寝転がって過ごしているほうが多かったです。空の隅にあった月をじっと見ているとだんだん動いて頭の上までやってきます。月に掛かった薄雲が、びっくりするような速度で流れていったのですが、時間の感覚が変わっていたのかもしれません。