Photo by lillie kate(写真はイメージです)

写真拡大

 夫で俳優の船越英一郎(56)に対する口撃騒動を続けている松居一代(60)が24日にも自身のブログを更新し、さらに攻勢を強めている。松居はこの日、「母からの形見は…」というタイトルの記事をアップし、実母ではなく主に船越の母(義母)に言及。「あなたは、私の娘です 頼もしい娘よ…」という手紙を受け取っていたことを明かした。

 松居はこの日のブログで、自分の母について、「母は、この世にたった、ひとり しかし、ありがたいことにあたしには、3人の母がいるんですよ 滋賀にいる実母 船越の母 本当の母娘のようだったもう、ひとりは、中国人の母 あたしの、顔面麻痺を治してくれた人」と告白。さらに船越の母とのエピソードを「母は…病室の、ベッドの枕元に携帯を置いていた あたしからくる、メールを何よりも楽しみに待ってくれた 母にくるメールは、あたしからだけだった」と綴り、船越については、「たった、ひとりの息子は一度も、メールを送らなかった 女性には、山のようにメール送信するのに…」と暗に船越の薄情さを告発した。

 こうした松居の主張について、ブログにはユーザーから「いい話ですね」「泣ける話です」「感動しました。弱さゆえに人を裏切る。哀しいことです」いった共感の声が集まった。松居はブログの最後を「その、母は息子のことを、とても心配していた『気が小さいから…』と。」と締めくくり船越の”精神面の弱さ”に触れている。泥沼の様相を呈しているこの騒動。船越の所属事務所が法的処置を示唆しようとも松居の暴走は収まる気配を見せない。

文・内村塩次郎