ワンワン、ウゥ、クーン、キャンキャン、ピーピー…など、犬はさまざまな声で鳴きます。何かを伝えようとしているようだけど、どうしたらいいかわからない。愛犬といるとそんなタイミングがあるのではないでしょうか。

遠吠え、唸り声、高鳴き、鼻声など、一言に”犬の鳴き声”といっても様々な言い回しがあるように、発される”声”にはなんらかの意味があるのです。犬と人間は「話すこと」でコミュニケーションができないからこそ、愛犬から発される音から少しでも愛犬の気持ちを読み取ってみたいですよね。

犬の鳴き声にも意味がある?

犬の鳴き声は心理状態を表しているといわれます。「無駄吠え」なんて言い方をしたりしますが、どんな時でも鳴く(吠える)という動作には意味があると考えられます。誰かに、何かを、一生懸命伝えようとしているのです。

また、鳴き声を理解する上では、同時に「声の高低」「繰り返される回数」「発される長さ」「動作」「尻尾の向き」「耳の向き」といった細かな要素も重要になります。

「クーン」と鳴く意味とその対処法

犬の鳴き声の中でもなんだか寂しそうなイメージのある「クーン」といった鳴き声。この「クーン」といった鳴き声にもいくつか意味があります。

甘えたい

クーンと鳴きながら、上目遣いで見つめてくる。このパターンはほとんどが、抱っこしてほしい時や遊んでほしい時など、「自分に構ってもらいたい」といった飼い主さんに甘えている状況だと思います。甘えん坊の子や子犬が発する声のほとんどがこのパターンではないでしょうか。

寂しさや悲しみ

甘えたい気持ちとほぼ同じなのが、寂しさや悲しみで鳴いているパターンです。飼い主さんを見つめたり、身体を小さく丸めて小さな声でクーンと鳴いている場合、寂しさや悲しみを感じている可能性が高いです。

甘えたい気持ちや寂しさ、悲しさを感じて鳴いている場合は、目を合わせたり、遊んであげたり、”犬に構うこと”で鳴き止みます。愛情をもって接することは大切ですが、必要以上に構いすぎることで情緒不安定に育つ可能性もあるため、バランスを見ながら相手にするようにしましょう。

不安や恐怖

尻尾を身体の方向へ丸めてクーンと鳴く。これらは不安や恐怖を感じている時です。知らない場所や怖い思いをした場所などこの鳴き方するケースが多いため、落ち着くのを待ち、安心させてあげることで鳴きやませることができます。

不満や要求

クーンフンフンフン…といったように、高い声から低い声になるのと同時に鼻を鳴らしている場合、不満を抱えているか、飼い主へ何かを要求しようとしています。犬が遊び足りないのに途中で遊びをやめた際などに見られます。

また、ご飯や散歩へ行くのが待ちきれないなど、嬉しさのあまり同様の鳴き声を出すことがあります。

上下関係を築く上では、毎回犬の要求通りにしてしまうことは得策だとは言えませんので、このケースは一度落ち着かせてから、要求をかなえてあげるようにしましょう。また、満たせないような要求については、飼い主の気まぐれで態度を変えてしまうことで犬も混乱して要求を強めるようになってしまうため、日頃から優柔不断に接さないように注意しましょう。

服従心

クーンと長めに鳴いて首を低く下げる。お腹を見せて寝転がる。こういったケースは、自分より強い相手と対峙した際や、飼い主に怒られた際の服従心を表しています。同時に前述した恐怖心も感じているともいえます。

飼い主に対しては服従心の表れとして問題ない行動ですが、散歩の際などに外でこの行動をした際は他の犬に対して服従心と共に恐怖を感じているということなので、できるだけ近寄らないようにしてあげた方がいいかもしれません。

まとめ

甘えたい寂しさや悲しみ不安や恐怖不満や要求服従心

さまざまな声を出して鳴く犬。「クーン」といった鳴き声ひとつ取ってみても、いくつもの意味があることが分かりました。愛犬が気持ちと伝えようとしている一つの表現でもあるため、ただの鳴き声だと無視せずに耳を傾けてみましょう。

鳴き声や同時に見られる身体や表情などの動きをよく観察してみることで、今まで以上に愛犬の気持ちを感じ取ることができるかもしれません。「会話がなくても愛犬の言いたいことが分かる。」そんな関係を築けたら素敵ですよね。