孫政才・前重慶市党委員会書記(中央)。中国・北京にて(2017年3月6日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国共産党の汚職監視機関である中央規律検査委員会(CCDI)が、先週まで重慶(Chongqing)市の共産党委員会書記だった孫政才(Sun Zhengcai)氏に対する調査を開始した。24日の国営新華社(Xinhua)通信によると、「深刻な規律違反」の疑いが掛けられている。

 25人で構成される共産党政治局員に連なる孫氏は、最高指導部の政治局常務委員への昇格が有力視されていた。

 新華社の短い報道では、孫氏が政治局員の地位をはく奪されたのかどうかについては触れていない。一方、重慶市トップの交代については今月15日に発表されている。
【翻訳編集】AFPBB News