家族が事件の加害者になったことで、人生が変わってしまったひとりの少女がいます。その子の実話は、ウサギを使ったイラストで描写してもなおショッキングなものでした。

語り手のまだ幼い声や、連続する銃声、勢いよく返り血を浴びたような生々しい音、息をしようともがくようなかすれ声…。動画は想像以上に細部まで、リアルに表現されています。

わたしには、3人の大切なお兄ちゃんがいます。

なぜかみんな、悪いほうをえらんでしまうの。

大きいお兄ちゃんは、銀行からお金を盗もうとしてつかまりました。

つぎのお兄ちゃんは、お金をかえさない人に怒って、てっぽうを11回も打ち、その人は死んでしまいました。

いちばん下のお兄ちゃんは、トイレで男の人をたおして首をしめてころしました。

3人とも、いまはろうやの中にいます。

わたしは、いまでもお兄ちゃんがだいすきです

こんな思いをする子が、これ以上ふえませんように。

Licensed material used with permission by VML