これまでに、相手を「運命の人」だと感じた経験は、何度かあると思います。でも、そう感じて付き合い始めたとしても、「思い過ごしだった」なんてこともまた、あるのではないでしょうか。

「恋は盲目」とは、じつに真理をついた表現です。それ故に、恋愛には、冷静な視点や判断が必要なはず。では一体、私たちは、どこで見極めればいいのでしょうか?

あなたが、もし同じような悩みを持っているのなら、「Elite Daily」のライターAnjali Sareen Nowakowskiの記事をチェックしてみましょう。彼女によれば、「運命の人」かどうかを確かめる特別な方法があるのだとか。

現在の夫に出会うまで、私は 「運命の人」という概念を信じていませんでした。

私は、そんなふうに考えるのはメチャクチャなことだと思っていたのです。結局のところ、もし私たち全員に “たった一人” の相手しかいないなら、その人を見つけられる確率は途方もなく低いはずです。

でも、現在の夫に出会った時、私は恋愛に関する自分の考え方がちっぽけだったことに気づきました。今の私は、彼こそがこの世でたった一人の運命の人だと感じていますし、そのことはすぐに分かっていた気がします。

運命の人かもしれない特別な誰かを見つけた時、あなたは、私と同じように、興奮と不安の入り混じった気持ちになるかもしれません。あなたは、その人が本当に運命の人かどうかを確かめるための、何らかの方法はないのかと探しているのかもしれません。でも、その方法はラッキーなことに存在するのです。

では、あなたの相手が運命の人かどうかを知るために、自分自身に尋ねるべき素晴らしい質問を紹介しましょう。

01.
彼に欠点をさらけ出せる?

私が夫のことを運命の人だと確信した瞬間の1つは、生まれて初めて、自分らしくいられると感じた時です。

私は彼と一緒の時に、(ピーナッツバターとピクルスサンドイッチが好きな点などの) 自分の変なところや、(機嫌の悪さをコントロールできない点などの) 悪い癖を隠す必要性を感じたことがありません。これは私に大きなショックを与えました。恋愛関係の中で、こんなふうに感じられるとは思ってもいなかったからです。

「この人は運命の人かも…」 と思っているのなら、彼と一緒の時に本当の自分でいられるかどうかを自問してください。欠点も何もかもさらけ出してオープンでいられるなら、それは彼が 「運命の人」であるサインかもしれません。何かを隠しているか、自分の特定の一部を見せることに躊躇する…そんな障害が生じるのには、何らかの理由があるのかもしれません。

02.
努力するまでもなく、価値観が合う?

私は子供を欲しいと思ったことはありません。安定した事務職には就きたくないです。また、1つの場所に留まり続けることが本当に嫌いです。

これらは、私の夫が受け入れているだけではなく、尊重してくれていることでもあります。彼は極めて同じようなアングルで、人生を捉えているのです。彼はデスクライフを望んでいるかもしれませんが、私の好みを100%受け入れてくれますし、旅行が大好きで、子供を欲しいと思っていません。

「運命の人」との関係の中では、二人の人生のゴールや価値観は簡単にリンクします。2つの異なる人生観を合わせようと、努力することはありません。その代わりに、あなたたちは、ただ自然にフィットするのですから。

03.
言い出しにくいことも、ちゃんと伝えられる?

私と夫は、この世界のあらゆる物事について語り合っています。

ペットがした奇妙な行動や、検討中の新しいキャリアなど、私たちは話題が何かに関係なく、何でも自由に語り合える会話をいつでもはじめています。これは、二人の関係を成長させつづけている要因の1つです。

あなたと、あなたの彼は、あらゆる物事について話し合うべきですし、何よりも、あなたはすべてのことを語るべきです。何でも話題にしてください。もし言い出しにくいことがあるのなら、彼はあなたの最高のパートナーではないかもしれません。

あなたが彼との会話を心から楽しんでいて、何時間でもオープンかつ率直に話ができるのなら、彼を手放してはなりません。

04.
お互いの生活にうまく溶け込めている?

私の妹は、どんな時でも私の人生で一番大切な人物でしたが、彼女は私の夫のことを素晴らしい人だと思っています。

また、私の義理の母には、たった一人の子供 (つまりは、私の夫) しかいませんでしたが、私のことを本当の娘のように愛してくれています。これらは、私と夫にとって、とても重要なことでしたし、素晴らしい結果をもたらしてくれました。

私たちは、出会う前の相手の人生に理解と感謝を示しながら、お互いの生活の中にスムーズに溶け込むことができたのです。 

「運命の人」と出会った時、あなたの人生の中の大切な人や物は、パートナーのそれらと完璧に調和するように思えます。あらゆる人の生き方や興味の対象は異なりますが、あなたがどんな人間であろうとも、ほとんど努力することなく共存できるものなのです。

05.
彼は、今ではなく「未来」を見ている?

私と夫は、最初のデートからたった5週間で、お互いに結婚を決意しました。

最初の日から二人の気持ちがぴったり合っていなかったら、こんなことは起こっていなかったでしょう。

私たちと同じくらいスピーディーに結婚すべきだと言っているのではありません。でも、誰かが運命の人かどうかを見極める時には、相手が自分と同じように感じているかどうかを確認してください。これは当然のことのように聞こえますが、残念なことに、多くの人々が恋に夢中になりすぎており、相手と一緒に未来を築けるかどうかを真剣に考えてはいません。

相手が同じように感じていなければ、二人の関係が長続きする可能性はありません。相手があなたのことを 「運命の人」 だと感じているかどうかを確認してください。そうでないなら、これは極めて一方通行な恋愛になります。

これらの質問を、あなた自身に尋ねてください。そして何よりも、あなたの直感を信じてください。運命の人を見つけたという感覚があり、自分の答えに満足しているのなら、あなた自身を疑ってはなりません。

それだけで、彼は 「運命の人」 なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily