サンドウィッチマン・伊達みきお/富澤たけし

写真拡大

23日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で、お笑いコンビのサンドウィッチマン・伊達みきおが、コンビ間の役割分担を明かした。

番組では、サンドウィッチマンがゲスト出演し、仕事現場に密着するなど、ふたりの魅力に迫った。

密着取材で兵庫県姫路での営業に同行した番組スタッフは、本番前の控え室でふたりを取材した。密着取材が苦手だという富澤たけしは、控え室の隅で携帯ゲーム機で遊んでいたが、一方の伊達はライブ終了後に配るサインを書いていた。

色紙には伊達が「東北魂 サンドウィッチマン 伊達」と書き、空いたスペースに富澤が自分のサインを書くのだという。

サインのほとんどの部分を伊達が書いているのだが、その理由を番組スタッフに尋ねられた伊達は「富澤は一生懸命ネタを書いてくれるので」「(富澤が)お笑いに誘ってきたときも『オレがネタを書くから』というのがあったんで」「僕はその能力がないので」と、コンビ内での役割分担を明かしたのだ。

伊達は、過去にネタ作りをしようとした時期があったそうだが「句読点とか気になって書けなくなっちゃうんです」と苦笑まじりに、ネタ作りを断念した経緯も明かしていた。

【関連記事】
伊達みきおが血筋だけでないエリート家族を紹介「僕だけです、学歴ないの」
富澤たけし 浜田雅功の食事中の粗相に痛烈指摘「きったねぇ!」
中川家・礼二が明かす異常に腹の立つ芸人のタイプ「漫才師に憧れる漫才師」