Apple自らが有機ELの研究開発に乗り出すことが明らかになりました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Appleは韓国のSunic System社から有機ELパネル製造に必要な「化学蒸着装置(CVD)」を購入し、研究開発拠点および2.5Gのパネル製造ラインを台湾に設置する方針であることを韓国メディアが報じたそうです。
これはSamsungに対する有機ELパネルの依存度を引き下げ、製品の差別化を図ることが目的で、Appleは現在、有機ELに関する独自技術の開発に熱心とされています。
なお、有機ELパネルの製造に必要なCVD市場では日本のキヤノントッキが支配的地位を確立していますが、Appleの動向次第では同社の支配的地位が崩れる可能性もあるとのこと。
キヤノントッキは2017年現在でSamsungに5機のCVDを納入し、2018年導入分の10機のうち5機の製造も担当するほか、LGディスプレイやBOEなどの大手メーカーも顧客となっています。

【iPhoneに独自開発の有機EL採用か、Appleが研究開発拠点を設立へ】を全て見る