【FYF Festライブ・レポート】ビョークにしか創り出せない、完璧な世界観を披露

写真拡大

 現地時間2017年7月21日〜23日にかけて米カリフォルニア州エクスポジション・パークにて開催された【FYF Fest 2017】。ここでは、ビョーク、ミッシー・エリオット、フランク・オーシャン、そしてナイン・インチ・ネイルズがヘッドライナーを務めた同フェスのBillboard JAPAN特派員による最速レポートをお届け。まずは、ミッシー・エリオットとともに初日のヘッドライナーを務めたビョークのライブ・レポートを紹介する。

ビョーク ライブ写真(全11枚)

 【FUJI ROCK FESTIVAL '17】出演直前のビョーク。ストリングス15名(ステージ上手にビオラとチェロ、下手にヴァイオリン)、中央にアルカという編成で緑色のマスクと紅白の衣装をまとって「Stonemilker」でスタートしたライブは『ヴァルニキュラ』の世界観というよりもこの編成にあった選曲(実際に『ヴァルニキュラ』からは4曲のみ演奏)。いつも通り美しい映像がスクリーンに映し出される。録音音源以上に素晴らしいヴォーカルというあり得ないぐらい美しい歌声が夜空に響き渡る。そして、ビョークのヴォーカルとストリングスの相性の良さを再認識させられる。

 「You’ve Been Flirting Again」では暗い青の照明でマスクが緑色に発光する演出。続く「Isobel」では伸びのある破格のヴォーカルが際立ったかと思えば、可愛らしいダンスも披露。続く冒頭の素晴らしいストリングスで始まる「Bachelorette」。「Notget」では演奏に合わせてメンバーの後方から火花が吹き上げるという演出。最後は「Hyperballad」でヴォーカル、サウンド、ヴィジュアル、演出と完璧でビョークにしか創り出せない世界観を披露したライブだった。

Photo: Santiago Felipe

◎公演情報
【FYF Fest 2017】
2017年7月21日〜23日
米カリフォルニア州エクスポジション・パーク
INFO: https://fyffest.com