毎日が忙しくストレスの多い現代社会、睡眠の悩みを抱える人が少なくありません。睡眠の質を高めるための成分が多く紹介されるなか、コラーゲンがもたらす睡眠効果に注目が集まっています。コラーゲンに含まれるグリシンは、身体の機能を調節する脳内物質。睡眠の質を改善し、さらには肌の調子を改善する効果も期待できるとされています。

期待が集まるコラーゲンの成分グリシン

睡眠の質を改善するとして話題のグリシンは、コラーゲンの3分の1を占めている物質です。アミノ酸の一種であり、体内で合成できることから非必須アミノ酸と呼ばれています。グリシンは、体の細胞内にある核酸を合成するときに必要な成分です。また筋肉に蓄えられてエネルギー源となるクレアチンや、ヘモグロビンの原料となります。グリシンは数あるアミノ酸の中でも、最も小さく単純な構造をもちますが、その大きな健康効果に期待が寄せられています。

グリシンの健康効果

グリシンに関する研究が進む今、グリシンには睡眠の質を上げる機能があることが分かってきています。人間は赤ちゃんや子供のうちは、1日のうちに数回の睡眠が必要です。しかし大人になると、睡眠を取るのはまとめて1回のみとなります。このように変化していくのは、身体機能を調節する物質が関係しているとされており、なかでもグリシンが大きな役割を果たしていると考えられています。

睡眠に至るためには、体の内部の温度を下げる必要があります。グリシンは血管を広げて体の表面から熱が放出されるように働きかけ、体の内部の温度を下げるのです。そのためグリシンが分泌されると寝つきが良くなり、深い眠りまで到達する時間が早まるそうです。また調査によればグリシン3gを就寝の30分前に摂ることで、朝起きたときの疲労感が軽減し、日中の疲労感が改善され気分の向上も認められたとしています。

美肌効果もあるグリシン

グリシンは体内で作られますが、食品やサプリメントから摂取し補うこともできます。グリシンはコラーゲンの3分の1を占めているため、コラーゲンの多い食品を摂ることでグリシンを補うことができます。コラーゲンを多く含む食品である牛すじや軟骨、豚骨などは、グリシンを摂取するのにおすすめです。ところでコラーゲンが肌に良いというのは周知のことですが、コラーゲンの成分であるグリシンに美肌効果があるとのこと。グリシンは肌の潤いを保つ成分であり、乾燥を防ぎ、肌の弾力性を保つ機能があるのです。コラーゲン(美肌を作る“コラーゲン”がアノ食材でお手軽簡単に摂れる! )を摂ることで美肌になり、睡眠の質も向上するとは嬉しいニュースですよね。コラーゲンをしっかり摂ってキレイに磨きをかけていきましょう。


writer:Akina