最近はイベントを一切しない「ナシ婚」も増えているが…

写真拡大

友達が結婚するとなれば盛大に祝ってあげたいもの。新郎新婦の幸せそうな姿やご両親への手紙で、感極まって涙腺がゆるくなってしまう人は少なくないはず。その一方で、ご祝儀や式に着ていく服装などは悩みの種だ。

いまどきの女性はどこまで出費し、またお手伝いを引き受けているのか――。女性向け有料サイト「健康美人」を運営するエムスタイル(東京都渋谷区)は2017年7月21日、「友達の結婚式」にまつわるアンケート結果を発表した。

半数以上が「受付」を経験済み!

このアンケートは、17年3月15日〜3月22日の8日間、健康美人のユーザー453人を対象に行われた。回答者の年代別内訳は、12歳以下が6%、13〜15歳が0%、16〜18歳が6%、19〜22歳が18%、23〜29歳が24%、30〜39歳が40%、40歳以上が6%となっている。

最初の問いは「友達の結婚式にお呼ばれされたら、どんな服装で参加する?」。やっぱりというべきか、定番の「フォーマルドレス」が58%と過半数を占めた(図表1)。以下、「ワンピース」が24%、「着物」が12%、「セットアップ」が6%と続く。ところで最近流行りのカジュアルウエディングだとワンピースやセットアップも人気とか。また着物レンタルなら式当日に着付けと着物に合うヘアメイクをセットでしてくれるところもある。

次の質問は「友達の結婚式で頼まれてしたことがあるのは?」。複数回答可で答えてもらったところ、一番多かったのは「受付」の53%だった(図表2)。両家の顔ともいうべき受付は、ゲストへの対応やご祝儀の受け取りなど大切な役割を担う。責任は重いものの、期待の表れと思えば喜んで引き受けたいところ。このほか「祝辞・スピーチ」(41%)と「余興」(35%)も多くの票が集まった。

今は普通? 2万円は○○%いた

結婚式の出席が続く人にとって「ご祝儀でいくら包むべきか」は一大事だ。北海道のように会費制が主流という土地もあるけれど、ほとんどの地域ではそれなりの金額を用意するのが常識。

「友達の結婚式でご祝儀はいくら包む?」という問いに対して、もっとも多かったのが、「3万円」で58%(図表3)。ご祝儀に2で割れる数字の金額は出さないほうがいいとよく耳にする。アンケートでも「4万円」に投票した人は誰一人いなかった。その一方で「2万円」は12%もいた。この結果についてエムスタイルは、

「学生で経済的に厳しい場合は、ペアを表す『2万円』も最近は増えてきているようです」

と分析する。ちなみに「5万円」は18%、「5万円以上」は6%、「2万円以下」は6%の得票率だった。

ご祝儀がいい例だが、出席者にとって結婚式は社会人としての常識がなにかと問われる。

最後の質問「友達の結婚式で一番『気になってしまう』ことは?」で最も多かった回答は、「参加している女性のファッション」で28%だった(図表4)。マナー知らずな服装で参加する人もいれば、今後お祝いの席に参加する際の手本になる人もいるもの。人間観察の絶好の機会であることから、女性は同性のファッションをついチェックしてしまうのだろう。このほか新郎新婦の好みやこだわりが大きく影響する「式場や会場・料理」も24%の支持を集めた。