こちらはイタリア出身の彫刻家、ダニエル・バレシさんの作品。

あれ? よく見てみると……そう、実はスイカに彫られているのです。

果物や野菜を使った、繊細で緻密な作品の数々をご覧ください。

 


アボカド。種の周りも驚くほど丁寧な仕事ぶり!


情熱的なパパイヤ。


ブロッコリーも、ダニエルさんの手にかかれば不死鳥のように荘厳に。


メロン。言われなければ気付きそうにありません。


ニンニクだって、こんなに可憐な雰囲気に。

[画像を見る]
大きなカボチャを彫るダニエルさんと……。

[画像を見る]
その完成品。

[画像を見る]
サツマイモ。奥ゆきが見事です。

[画像を見る]
果物や野菜に限らず、チーズまで彫刻作品に。

[画像を見る]
現在はシドニー在住で、彫刻教室も開催しているというダニエルさん。

彫刻にはナイフのほか、ペンやピーラー、メロンボーラー(くり抜き器)なども使っているとのこと。

石や木などの彫刻のように長く楽しめる作品ではないだけに、美しさがさらに際立っていますね。

他の作品は、彼のInstagram(@danielebarresi_artist)から見ることができます。

ちなみに野菜や果物を使った彫刻は「ベジタブル・カービング」や「フルーツ・カービング」と呼ばれ、タイでは伝統文化として知られているのだとか。

ダニエルさんの人気を受けて、新たにチャレンジする人も増えそうですね。

【完全に芸術品…イタリア人による野菜彫刻のクオリティが高すぎる】を全て見る