女優の岡本玲

写真拡大

 女優の葵わかな(19)がヒロインを務め、10月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「わろてんか」(月〜土曜前8・00)の新たな出演者が24日、同局から発表され、岡本玲(26)と内場勝則(56)の出演が決定した。

 明治後期に京都の老舗薬種問屋の長女として生まれたヒロインの藤岡てんが、松坂桃李(28)が演じる夫・北村藤吉と寄席経営を始め、大阪を“笑いの都”に変えていく物語。笑いをビジネスにした日本初の女性と言われるまでになる姿を描く。

 岡本が演じるのは藤吉のいいなづけ・杉田楓(かえで)役。藤吉の母・啄子(つえこ)が勝手に決めたいいなづけで、船場の大店の娘で商才もあり、一見非の打ちどころがない女性。だが、結婚に愛情は不要だと言い放つ冷徹さも持つ。楓はてんとの出会いによって、秘めた自分の本心と向き合うことになり、新しい人生の一歩を踏み出していく。

 岡本は「大阪に駆け落ちしてきたてんちゃんと嫁の座をかけて競う、無愛想で気の強い楓という女の子を演じさせていただきます。いつも笑顔で天使のようなてんちゃんを朝からいじめてしまいますが、皆さんどうかお許しください(笑)。楽しんでいただけるよう頑張ります」と冗談を交えて意気込みを語った。

 内場は経営不振で廃業した寄席の元席主、亀井庄助を演じる。ヒロイン・てんと夫の藤吉が寄席を売ってほしいと日参するも頑固な亀井は応じず。だが、てんと藤吉の心情を知り、寄席を2人に託して去っていく…はずだったが、なぜか舞い戻ってくる。内場は「あすか」以来2度目の朝ドラ出演。「あれから早いもので18年です。お笑い界を舞台にしたドラマということで運命的なものを感じますし、大阪の笑いで日本中を盛り上げていけたらうれしいです」とコメントした。