イザベラ・モナー(写真下)は16歳の若手スター (C) 2017 Paramount Pictures. All Rights
Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all
related characters are trademarks of
Hasbro.(C) 2017 Hasbro. All Rights Reserved.

写真拡大

 世界的ヒットシリーズの最新作「トランスフォーマー 最後の騎士王」の新たな特別映像が、公開された。前作に引き続き登場する主人公のケイド(マーク・ウォールバーグ)と新ヒロイン・イザベラ(イザベラ・モナー)が疾走するシーンのメイキングが収められている。

 マイケル・ベイがメガホンをとり、マーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、アンソニー・ホプキンス、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロらが出演する第5作。人類とトランスフォーマーの戦いが激化するなか、新たに正義の集団オートボットのリーダーとなったバンブルビーの前に、トランスフォーマーの創造主によって洗脳されたダーク・オプティマスが立ちはだかる。同時に、人類とトランスフォーマーの1000年以上にわたる歴史がひも解かれるという。ジョン・グッドマン、渡辺謙、オマール・シーらがボイスキャストを務める。

 米デトロイトで行われた撮影では、ケイドとイザベラがトランスフォーマーたちの襲撃を受け、逃げ惑うシーンが行われた。ベイ監督が、スタッフたちに「始まったらほこりまみれになるぞ」と呼びかけるさま、モナーが「爆発に備えて耳栓をしてるの」と語るなど大規模な撮影となり、至るところで爆発が起こり、車が次々と吹き飛ぶなかウォールバーグとモナーが道路をひた走るさまが切り取られている。

 ミュージシャン、ダンサー、ウクレレ奏者と多彩な顔を持つモナーは、くだんのシーンを振り返り「体力づくりのために約1カ月半、毎日パーソナルトレーナーと一緒にトレーニングしたのよ。マーク(・ウォールバーグ)と同じくらいのスピードで走らないといけなかったから(笑)。でもトレーニングをしたかいがあったと思う。初めての体験だから時々圧倒されるような気持ちになるけれど、自分には無理、とは思わずに頑張ったわ。(最大のチャレンジは)アクションね!」と手ごたえを語っている。

 「トランスフォーマー 最後の騎士王」は、8月4日から全国公開。