Photo by cinemacafe.net

写真拡大

11月23日(木・祝)より日本でも公開される『ジャスティス・リーグ』から、出演キャストたちがアメリカ・サンディエゴで実施された世界最大級のポップカルチャーの祭典「コミコン」に登場。バットマン役のベン・アフレックほかガル・ガドット(ワンダーウーマン)、エズラ・ミラー(フラッシュ)、ジェイソン・モモア(アクアマン)、レイ・フィッシャー(サイボーグ)が登壇し、会場一番の盛り上がりを見せていた。
この日、冒頭ではフラッシュ役のエズラは「鋼の錬金術師」のエドのコスチュームで登場! 当日はガルのインスタグラムにベン、エズラ、レイと共に飛行機に乗り込むところをセルフィでアップするところから始まり、そしてプレゼンテーションでは、参加するべく夜通し並んで待っていた大勢のファンたちの前に、ジェイソンがアクアマンのごとく槍を持って大海原の映像と共に登場すると、会場は絶叫の渦でボルテージはマックスに。

ベンは「すごいよ。すごいキャストだろ? みんなが衣装合わせで初めて集まった瞬間から、ほんとにパーティしているみたいだったよ。痺れるくらいの感動だよ」と興奮気味に話し、ガルも「この役はすごいの。あらゆる善を表しているの。愛や思いやりや真実、正義、平和ね。彼女を好きにならない理由なんてどこにもないの。このすばらしい役と演じる機会を与えてもらったことにとっても感謝しているとしか言えないわ」と分析。

エズラは、「僕はコスタリカの小さな町、ユーロヴィーダ(?)にいて、おいしい魚料理を食べていたんだ。そうしたらエージェントから電話がかかってきたんだけど、パニクってて何を言ってるわからなかったんだ。だから『ちょっと待ってて』と言って、口の中の魚の骨を抜いてからまた電話を取ると『君の大ファンなんだけど、すごいアイデアがあるんだ。ザ・ フラッシュをやるってのではどうだ?』って」とオファー時のことを話し、ジェイソンは「アクアマンは傷ついていて、とても繊細なキャラなんだ、だから何層にもなった鎧を着ている、でも中身は小さなテディベアのようなヤツなんだ」と冗談交じりにキャラクターについて語る。またレイは「サイボーグは、フラッシュと共にチームの中でも若いキャラクターなんだ。それぞれが色んな事情を抱えなが らも、世界を救うために結集したことが素晴らしいと思うよ」とコメントしていた。

なお今回の「コミコン」では、この夏全米では一番の超大ヒットをした映画『ワンダーウーマン』の続編決定も発表! 主演ワンダーウーマンにはもちろんガル続投する。

『ジャスティス・リーグ』は11月23日(木・祝)より全国にて公開。

(cinemacafe.net)

■関連作品:
ジャスティス・リーグ (原題) 2009年、全国にて公開

■関連記事:
バットマンら最強超人たちの個性が明らかに!『ジャスティス・リーグ』キャラ動画解禁
【予告編】ワンダーウーマンも大活躍!“超人スカウト作戦”始動『ジャスティス・リーグ』
フラッシュも登場!バットマン中心の正義チーム『ジャスティス・リーグ』初映像公開
シャーリーズ・セロン、『ワンダーウーマン』出演を断っていた!
【予告編】リーアム・ニーソンも出演!朝鮮戦争の“伝説の作戦”描く『オペレーション・クロマイト』