阪本奨悟

 シンガーソングライターの阪本奨悟が、映画『恋と嘘』(10月14日公開)の主題歌、挿入歌を担当することが発表された。主題歌は、福山雅治のヒット曲「HELLO」をカバーするという。阪本は主題歌と挿入歌を担当した事に対し、「本当に嬉しく光栄」と想いを述べている。

 『恋と嘘』は、『マンガボックス』で連載中のムサオ氏による同名漫画が原作。政府によって結婚が決められた少女と、忘れられない初恋の少女との間で心が揺れ動く少年の恋愛物語。コミックス発売後も重版を連発しアニメ化もされている本作が、今回、原作とつながりを持つアナザーストーリーとして待望の実写映画化が実現したものである。

 そして今回、同作の主題歌と挿入歌をシンガーソングライターの阪本奨悟が担当することになった。本作の主題歌としての福山雅治のカバー曲「HELLO」は、『恋と嘘』の作品の持つ世界観と、阪本のピュアな歌声や楽曲の歌詞・曲調がシンクロしており、また原作者がとても親しみのある楽曲であったということもあって決定されたという。その楽曲は、ストリングスが印象的で、きらきらと若々しく映画の物語のイメージを膨らますアレンジで、名曲「HELLO」が、見事に現代にリバイバルされたものとなっている。

 また、主題歌の情報と合わせて映画の本予告がYouTubeで公開され、この予告編では、阪本奨悟が歌う主題歌をいち早く聴くことができる。

 さらに、阪本は今回の映画の挿入歌「恋と嘘 〜ぎゅっと君の手を〜」も担当しており、映画の演出に合わせ、阪本自身が書き下ろしたもの。まだ予告編では試聴することはできないが、シーンにぴったりの聴きごたえのある仕上がりになっているという。

 主題歌と挿入歌を務めることに対し坂本は、以下の通りにコメントしている。

 「今回、このような素敵な作品の主題歌と挿入歌を担当させて頂くことになり、本当に嬉しく光栄な気持ちでいっぱいです。僕も『恋と嘘』の台本を読ませて頂き、葵、司馬、高千穂たちの青春を駆け抜ける姿にとても感動し強く共感しました。

 今回『HELLO』を歌わせて頂く上でも、『恋と嘘 〜ぎゅっと君の手を〜』を制作する上でも、僕の青春時代を思い出しながら作らせて頂きました。映画を観て頂ける方にとって、物語をより楽しんで頂けるように、そしてより感動して頂けるようにそっと映画に寄り添って届いてくれたらとても嬉しく思います。是非、映画『恋と嘘』楽しみにしていてください」

 なお、阪本奨悟が映画の主題歌、挿入歌を担当することは自身初となる。