人気沸騰中の音楽グループ『超特急』の小笠原海さんが19日、都内で行われた映画『ハローグッバイ』のトークイベントに登場しました。

本作は、それぞれに問題を抱える女子高生はづき(萩原みのりさん)と葵(久保田紗友さん)が、認知症のおばあさん(もたいまさこさん)との出会いをきっかけに交流を持ち、ぶつかり合いながらも次第に認め合っていく姿を描いた青春映画。

はづきの元カレ・尊役を演じた小笠原さんは「みずみずしいというか甘酸っぱいというか、そんな感じがしました。みのりと紗友ちゃんの目が印象的でしたね」と本作の感想を語りました。

女性キャストが多い現場ということもあり、「撮影に入る前、監督から“積極的に入っていってみんなを引っ張っていってほしい”と言われたから、引っ張っていこう!という気持ちだった。でも蓋を開けると(現場にいる女子たちから)めちゃめちゃイジられて(笑)。でもすごく楽しかったですね」と撮影エピソードを明かしました。

映画『ハローグッバイ』は絶賛公開中です。

【関連記事】

※ 上戸彩「氷ケーキ」をプレゼントされあたふた

※ ミランダ・カーが公式クリッパーで登場!

※ 平愛梨、1番好きなイタリア語を披露

※ 本田翼、人生やり直すとしたら「高校3年」

※ ウエンツ瑛士、お酒飲んで「もう仕事おしまい!」