インドの首都ニューデリーで、中印の国境をめぐる対立を受け、中国大使館の前で抗議する活動家ら(2017年7月7日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国とインドの国境地帯をめぐる対立が深まっている問題で、中国政府は24日、係争地域への派兵強化を示唆し、「どんな犠牲を払っても」自国の主権を守り抜くと警告した。

 中印をめぐっては両国と隣接するブータンと中国との係争地で先月、中国人民解放軍の部隊が道路建設を行っていたことが発覚し、インドが軍を展開。中国側はこれを領土主権の侵害に当たると非難し、即時撤退を求めるなどしたため、両国の関係は急速に悪化した。

 中国国防省の呉謙(Wu Qian)報道官は記者会見で、「インドが互いに認めた国境を越えたことは中国領土への重大な侵犯に当たり、国際法に違反する」と非難。また「主権を守り抜く中国の意思と決意は断固たるもの」と語り、「どんな犠牲を払っても自国の主権および安全保障上の利益を保護する」と強調した。

 さらに呉報道官は「国境部隊は同地で緊急対応措置を取っており、状況に応じて派兵と訓練の強化を行う予定だ」と明言した。だが、派兵の詳しい内容については語らなかった。
【翻訳編集】AFPBB News