【詳細】他の写真はこちら

世界一?動物園の広さや動物の種類は他にない規模!







L.A.から車で2時間ほど南に行くとある街サンディエゴ。南カリフォルニアらしい過ごしやすい気候で、とにかく移住者が多く、年々、急成長を遂げている街なんです。シーワールドというテーマパークや動物園、ビーチなどがあり子どもにとっても楽しい街、サンディエゴ。今日はそのサンディエゴにある人気動物園のレポートです♪サンディエゴ動物園はさまざまなテーマパークランキングで世界&全米ナンバーワンに選ばれている人気動物園。敷地は東京ドーム約8個分、動物は世界で最多の660種類、3700頭の動物が飼育されているというからびっくり!希少動物の保護や繁殖に力を入れていて、パンダやコアラ、珍しい動物にも会えるので子どもにとっては嬉しい動物園です。

広い敷地もロープウェイやバスを使って楽に移動!



園内を回れるガイド付きのバスツアー

入り口から最奥地まで縦断できるロープウェイ

かなり高い位置にあるので高所恐怖所の人は注意!

ロープウェイからの眺め。サンディエゴのダウンタウンまで見渡せます

まずびっくりしてしまうのがその規模の大きさ!初めての訪問では、一体どこから見て回ればいいものか戸惑ってしまうかもしれません。でも大丈夫!園内を解説付きで一通り見て回れるバスツアー(Guided Bus Tour)や、入り口から最奥地までを一気に縦断できるロープウェイ(Skyfari Aerial Tram)など、楽しくラクに見学できる設備が整っています。バスツアーは40分かけて園内をゆっくり回ってくれるのでじっくり動物を見ることも可能。園内は丘(山)の上にできているので、平坦な箇所は少なく上りか下りといった感じですが、上りだけロープウェイを使うというのも手です。

遊具やペッティングズーのあるキッズエリアも活用



ペッティングズーや遊具のあるキッズエリア

子どもだったらやっぱりどこにいても遊具で遊びたい

こんなに広い敷地なので全部回ろうとしたら丸1日かかるのは当たり前。そのため、地図を見ながら好きな動物がいるエリアをピックして回るというのが通常ですが、小さな子どもがいたら、いくらバスやロープウェイを使っても歩き疲れるのは仕方のないこと。そこでありがたいのがキッズエリア。公園にあるような遊具があったり、羊やヤギをなでることのできるPetting Zooもあるので、小さなお子さん連れの場合はこんなエリアを活用するのもあり。親にとっていろんなオプションがあるのはありがたいことですね。

子ども専用のお土産屋さん!可愛いお土産はマスト



好きな動物のぬいぐるみや本がゲットできるKid Store

1、2歳用のZoo Keeperの服。可愛すぎ!

ソックスもこんなに可愛いんです



そして絶対に外せないのが可愛いグッズが置いてあるKid Store。なんとZoo Storeというお土産屋さんの隣に子ども専用のお土産屋さんがあるのです!動物の柄の服からぬいぐるみ、おもちゃ、お菓子まで。とにかく可愛いものが勢ぞろい。普段使える可愛い服や小物はお土産に最適です!そして、非営利団体であるこの動物園での飲食、お土産などの収入は全て動物の保護、繁殖に使われるそう。

自然の中で食べるランチがまたサイコー



バッグが欲しくてつい買ったKids Meal(お子様ランチ)

広い動物園の中には沢山のカフェやレストランも。お子様ランチ(キッズミール)はチーズバーガー、チキンのフライ、ピザの中からメインを選び、飲み物、ポテト、アップルソース(すりおろしりんご)、クッキーという組み合わせ。ヘルシーとは言い難いですが、歩き回っている子どものエネルギー補給には十分。ちなみに持参もOKなのでお弁当を持ってくる人もいるとか。70万本を超える植物が植えられているという動物園はまるで森の中を歩いているようで鳥の声も色んなところから聞こえてきます。そんな自然の中で食べるランチはまた最高なんです♪日本からの旅行だとなかなかサンディエゴに行くという選択肢はないかもしれませんが、ロサンゼルスからレンタカーで2時間。しかも動物園やシーワールドといった子どもが大好きな場所もありファミリーにとって最高の街です。ロサンゼルスを訪れることがあればぜひ立ち寄ってみてくださいね!