湘南の海沿い、街なかを行く江ノ電。その江ノ島駅と、腰越駅から龍口寺に続く商店街に、8月5・6日の2日間、湘南・鎌倉を舞台にした劇場長編アニメーション映画『きみの声をとどけたい』の世界観を描いた竹灯篭が約150本、出現します。

同企画は、映画『きみの声をとどけたい』に登場する龍口寺(神奈川県藤沢市)で、毎年行われている「龍の口 竹灯籠」にあわせ、同映画の舞台としても描かれている龍口寺から続く商店街(神奈川県藤沢市・鎌倉市)にも竹灯籠の灯りを点し、街の活性化につなげることが目的。設置する竹灯籠は、鎌倉高校の学生たちも製作に参加。点灯時間は18〜21時の間で、夕暮れから街を幻想的な灯りで彩ります。

腰越駅と龍口寺の間は、片側一車線の道路の中央に線路が敷かれた「腰越併用軌道」で、今回は、この路面電車の雰囲気ただよう空間にも竹灯籠で彩られます。こうした竹灯籠が商店街に出現するほか、龍口寺境内や腰越駅へと続く商店街に、竹灯籠でできたアーチのオブジェも登場。また、映画のストーリーにちなみ、叶えたい想いを「コトダマメッセージ」として募集。集まった30名の「コトダマメッセージ」が刻まれた、“世界でひとつだけの竹灯籠”も並びます。同映画を制作した東北新社は「あたたかい灯りの中を走る江ノ電の姿は、江ノ電ファンのみならず必見です」と伝えています。

映画『きみの声をとどけたい』は、8月25日から、TOHOシネマズ新宿ほかで公開。監督は伊藤尚往、脚本は石川学、キャストは片平美那/田中有紀/岩淵桃音/飯野美紗子/神戸光歩/鈴木陽斗実 /三森すずこ/梶 裕貴/鈴木達央/野沢雅子ほか。キャラクターデザインは青木俊直、アニメーションキャラクターデザインは高野綾、音楽は松田彬人。


(画像はイメージ。竹灯篭は私有地に設置されます)

(画像はイメージ。竹灯篭は私有地に設置されます)