C大阪MF清原翔平が徳島に期限付き移籍

写真拡大

 徳島ヴォルティスは24日、セレッソ大阪のMF清原翔平(30)が期限付き移籍で加入することが決定したと発表した。契約期間は2018年1月31日までとなっている。

 清原は昨季のJ2リーグ戦で25試合に出場し、3得点を記録。J1昇格プレーオフ決勝の岡山戦(1-0)では決勝点を挙げ、C大阪の3年ぶりのJ1復帰に貢献した。しかし、今季のリーグ戦では出場3試合のみ。尹晶煥新監督の下、首位を走るチームの中で出番を失っていた。

 徳島のクラブ公式サイトを通じて清原は「徳島ヴォルティスがJ1に昇格出来るよう自分の出来る限りを尽くしていきます。チーム、ファン、サポーター、全員の力で昇格しましょう」と、新天地での意気込みを語っている。

 また、C大阪のクラブ公式サイト上では「チームの力になれていなく、そして自分の力不足を感じ、新しいチャレンジを選択させてもらいました。ファン、サポーターの皆さん熱い応援本当に感謝しています」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF清原翔平

(きよはら・しょうへい)

■生年月日

1987年6月25日(30歳)

■身長/体重

165cm/64kg

■出身地

北海道

■経歴

帯広北高-札幌大-SAGAWA SHIGA FC-金沢-C大阪

■出場歴

J1リーグ:3試合

J2リーグ:67試合16得点

J3リーグ:38試合10得点

カップ戦:7試合

天皇杯:12試合8得点


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ