宮根誠司 稲田朋美防衛大臣に指摘「防衛省や自衛隊からナメられてる」

写真拡大

24日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、司会の宮根誠司が、稲田朋美防衛大臣が関係者から「ナメられている」と指摘した。

番組では、同日開催されている「衆議院閉会中審査」の模様を中継した。稲田大臣は、共産党の笠井亮議員から「陸上自衛隊のPKO日報隠蔽問題」を追及されると「日報の報告は受けていない」と反論し、隠蔽を了承するということはなく、報告を受けたら開示するという考えだと主張した。

稲田大臣の答弁を見た宮根は、中継先の日本テレビ・青山和弘氏に「稲田防衛大臣って、防衛省とか、陸上自衛隊の方に、ナメられてるじゃないですか?」と尋ねる。

一部メディアでは、今回の問題について陸自内部からのリークである説も報じられている。青山氏は、陸上自衛隊からリークが出てくるというのは、稲田大臣が自衛隊・防衛省の統制を取れていない状況であると指摘。仮に真偽は別として、現在の国防は由々しき事態になっていおり、安倍晋三首相も任命責任を問われるだろうと推測する。

スタジオゲストの法学者・野村修也氏も「(稲田大臣は)政府組の人たちの信頼を勝ち得ていない」ように見えるとし、日本の防衛のためにしっかりしてほしいという意見した。宮根は「内閣改造で変わるんでしょうね」とつぶやき、稲田大臣の次回人事での罷免を予想していた。

【関連記事】
宮根誠司 加計学園をめぐる問題に厳しい指摘「民間企業だったら許されない」
宮根誠司 上西小百合議員に真っ向反論「サポーターは選手に人生乗っけるもの」
松居一代が公開した「恋のおまじないネックレス」の関係者も困惑