やんちゃな行動から卒業し、最近はすっかり大人になっているジャスティン・ビーバー。ところが、これまでの行動が原因で中国でのコンサートができなくなってしまった! 中国の文化局は「ジャスティンが中国で公演できないのはなぜ?」という質問に対する返答として、「ジャスティン・ビーバーは才能のあるシンガーですが、論争を引き起こしている若い外国のアイドルです。彼がこれまで海外でプライベートでもステージでも好ましくない行動をしてきたことは記録に残っています」「彼の好ましくない行動が人々の不快感を引き起こしています」と声明を発表。

「中国のショービジネスにおける市場の規律を保つため、市場をクリーンにするために、不適切な行動を起こすパフォーマーは歓迎しないことを決めました」と説明している。 でも「ジャスティンが成長し、彼の言葉や行動が改善され、本当に人々から愛されるシンガーになったら」コンサートが解禁される可能性もあるそう。2013年に中国を訪れたとき、万里の長城をおんぶしてもらって登り、反感を招いていた。

また2014年に日本を訪問したとき靖国神社を参拝したことにも、中国政府は不快感を露わにしていたそう。ジャスティンはインスタグラムにアップしていた靖国神社での写真を削除し「日本も中国も愛している」と謝罪していたけれど……。9月からは日本をはじめアジア各国をスタジアムツアーで訪れるジャスティン、公演を待ち望んでいるビリーバーを熱狂させてほしい!

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka