津軽のリンゴ畑に暮らすコトラの子供たち/[c] Mitsuaki Iwago

写真拡大

世界各国のネコたちの様子を、動物写真家の岩合光昭氏がとらえたNHK BSプレミアムの人気番組の映画版『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』が10月21日(土)に公開。本作に登場する“キュン死確実”のネコの歩きっぷりは、とにかく見逃せない!

【写真を見る】ギリシャでも“飛び猫”を発見!その名もジャンパー/[c] Mitsuaki Iwago

2012年より放送されているドキュメンタリー番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」。世界的に高く評価されるフォトグラファーの岩合氏が、街角で出会ったネコたちに話しかけながら、気ままに撮影していくスタイルで人気を博す番組だ。映画版では、これまで訪れた36か国もの中から岩合氏選りすぐりの世界6か国のネコたちの姿を再編集し、テレビ未公開シーンと共に上映される。

前足を柵にちょこんと乗せて、通りをウォッチングするおすましネコ、雨どいに落ちまいとガニ股のよちよち歩きになってしまう白ネコ、涼しい木陰の道端を占拠し、大の字で寝ている茶トラのわがままネコなど、世界各地で悠々自適に暮らすネコたちが大集合。そのフワフワの毛並み、どこかとぼけたキュートな姿には悶絶必至だ。

そして、メインとなる見どころは、テレビ版で大きな反響を呼んだ、津軽のリンゴ農園で生きる新米ママのコトラと5匹のやんちゃな子ネコたち。この夏、絶賛撮影中というコトラの子供たちの現在の姿も収録され、成長していく家族の物語がつづられる。

全編を通じて、「ネコの視点と同じ高さ」で“ネコ歩き”をとらえられた映像が大きな魅力となっており、自然体のネコたちの姿を臨場感たっぷりで楽しめる。40年間以上、ライフワークとしてネコを撮り続けてきた岩合氏も「ネコの目の高さにカメラを構えると、ネコの気持ちが探れるような気がしてくるんですよね」と顔をほころばせてコメント。

世界の街角や日本の原風景に住む愛嬌たっぷりの“ネコ歩き”を、劇場の大画面で思う存分楽しめる本作。癒し効果も抜群で、ネコ好きならずとも心を鷲掴みにされること間違いなし!【トライワークス】