@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

2017年のランボルギーニ ポイント3つ

・世界新車販売台数 2017年上半期に2091台(前年同期比で4%増)
・「LEEDプラチナ認証」取得の新施設が竣工 生産施設拡張
・過去10年間で従業員が倍増 ウルスのために400名のスタッフ新採用

世界新車販売台数 前年同期比で4%増

アウトモビリ・ランボルギーニは、2017年上半期に世界新車販売台数をさらに伸ばした。合計2091台が販売され、2016年同期比で4%以上の増加となる。

「ウラカン」が市場に投入されて3年、2017年上半期の販売台数は1400台(+2%)に達した。今年の6月には、ウラカンはわずか3年で8000台の生産も達成した。

2017年1月から6月までに、カスタマーに販売された「アヴェンタドール」は691台(+7%)達した。今後、数週間内で達成する予定の生産台数7000台という数字が、この成功を強調している。

「LEEDプラチナ認証」取得の新施設が竣工

SUV「ウルス」の2018年販売開始に備えて、生産施設を8万m²から16万m²に拡張中。

また、新たに開発されたエリア内に新施設が完成し、エネルギーや環境に配慮した建築物を対象とする世界最高基準の認証「LEEDプラチナ認証」で、イタリアでは史上最高の評価ポイントとなる92ポイントを獲得した。

イノベーションと持続可能性を兼ね備えた「グリーン」ビルに与えられるこの認証を受けたのは、イタリアの製造拠点内の施設では初めてのことである。

新施設はエネルギー効率(クラスA+)と水効率に優れている。被覆材とガラス張りの外壁に用いられた最先端の技術的ソリューションにより、90%の空間に自然光が入り、熱分散と過熱を制限するように設計されているためだ。

next page:ウルスのために400名のスタッフ新採用