中村アン、ピンク浴衣で「東京五輪音頭」披露 選手たちもムード盛り上げる(C)モデルプレス

写真拡大

【中村アン/モデルプレス=7月24日】モデルの中村アンが24日、都内で行われた東京五輪イベントに出席した。

【さらに写真を見る】中村アンのピンク浴衣姿が可愛い!出演者全員で踊ったイベントの様子をチェックする

◆中村アン、浴衣姿で登場


東京五輪のエンブレムがデザインされた浴衣を着用して登場した中村は、鮮やかなピンク色に「すごく気持ちが明るくなります」とにっこり。東京五輪は「とても楽しみです」といい、来る2020年に向けて「英語や手話を勉強したいです」と話した。

◆「東京五輪音頭-2020-」披露で盛り上げる


ちょうど3年後の7月24日に東京五輪の開会式が実施されるとあって、五輪への機運を醸成するために制作された「東京五輪音頭-2020-」が披露された。1964年の前回大会時に作られた「東京五輪音頭」をリメイクしたもので、振付は星野源や椎名林檎のMVを手がける井出茂太氏が担当。“HAPPY&PEACE”をスローガンに掲げ、障がいの有無や国籍に関わらず、老若男女が踊れる音頭を目指した。

「東京五輪音頭-2020-」を歌うのは加山雄三、石川さゆり、竹原ピストルの3人。イベントには石川さゆりが登壇し、歌詞の一部を熱唱する場面も。会場からは大きな拍手が送られた。

そのほか、司会を務めた古舘伊知郎、テリー伊藤、クリス・ペプラー、元なでしこジャパンのエース澤穂希さん、卓球の吉村真晴選手、パラリンピック射撃の田口亜希、パラリンピック競泳の山田拓朗選手も登壇。出演全員で音頭を踊り、早くもムードを盛り上げた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】