生理中の匂いが気にならない?しかも快適?「布ナプキン」体験談

写真拡大

女性なら誰しも、何かしら生理の悩みがあるかと思います。痛みやPMS(生理前緊張症)、生理中の不快感など…毎月のことなので、上手に付き合えたらいいですよね。

今回は気になっているものの、なかなかトライできないという人が多い『布ナプキン』の体験談をお届けします。

■布ナプキンってどんなもの?


筆者は布ナプキン愛用歴10年ほど。きっかけは布ナプキンの取材をした際、試しに使ってから原稿を書こうかな、と思ったことです。

たまーに軽い生理痛はあるものの、さほど大きな悩みもなかったため、かなり軽い気持ちで手に取ったのですが、使ってみての感想は「これはいいかも!」でした。
どこに魅力を感じたかと言うと…

◎ナプキンを捨てなくていい


もともと使用済みの紙ナプキンを捨てるのがイヤで、毎月、毎年、こんなにも大量のナプキンを捨て続けるのか、と考えていました。まずはそのストレスが一気に解決。
外出先から使用済みの布ナプキンを持って帰るのも苦にはなりません。洗うのが面倒そうと心配する女性もいますが、これはその人の性格によるので、試してみるまでは何とも言えないですね。

◎経血の状態がわかる


自分の経血の状態がわかるのも発見でした。思ったよりもサラリとしているんだな、と感じました。あと、気になる匂いは恐らくですが、紙ナプキンで経血を固める影響で出るものなのかも。

■興味があるなら試してみて


よく紙ナプキンは子宮を冷やすとか、生理痛を重くする、PMSがあるのは女性性を受け入れていないからなど、いろいろなことを言う人がいますが、そういった極端な説はあまり真に受けないほうがよさそうです。

紙ナプキンと布ナプキン、どちらが快適と感じるかは人によるので、猛プッシュする気はありませんが、一度使ってみては?というスタンスで個人的におすすめします。
生理中はただでさえイライラしがちな時期だから、少しでも快適なほうがいいよね、くらいの気持ちで過ごすに限るんじゃないかなと。

最近は初めての人用のセットを販売しているメーカーもあるので、よかったら利用してみてください。繰り返し何度も使えるため、継続するにしても少しずつ買い足す感じで大丈夫です。

■初めて使う人に伝えたいこと


布ナプキンは主に3種類。ハンカチ型の折って使用するものと、羽付きナプキンのような形状のもの、さらにパッド型のものがあります。

初心者は羽根つき型+パッド型を併用すると安心感があるでしょう。筆者も慣れるまではそうでしたが、今はハンカチ型のほうが使い勝手がよいように感じます。

交換する頻度ですが、あまり神経質にならず気になったら変えましょう。モレが心配な人は少しかさばるけれど、紙ナプキンの上に布ナプキンを重ねてガードするのもいいと思います。

なお、初心者は外出する日よりも自宅でゆっくりする日に使うのがおすすめ。仕事や学校があるのなら、夜だけ試すのもいいかもしれません。

■布ナプキン初心者への10箇条


以下、使い始めるうえで大切なことをまとめました。参考にしていただければ幸いです。

1. 生理が軽い日に始める

2. 出かけない日、夜だけなど心理的負担のない時に使う

3. 初心者セットを購入して始めるのがベター

4. 最初は羽根つき型のほうが使いやすい

5. 匂いは意外と気にならないので、安心して

6. モレが心配な場合は紙ナプキンとの併用を

7. 生理痛やPMSが軽くなったなどの体験談は、個人差があるので期待しすぎない

8. 自分が快適だと感じないならストップしてOK

9. 生理が重く、布ナプキンを洗濯するストレスを感じる人は無理に使わなくてOK

10. 紙ナプキンだとかぶれる、かゆいなどの理由で不織布ナプキンを使っている人も試してみて

疲れやすくなったり、気持ちが不安定になったり、体調不良に悩んだり…何かと気の重い生理。その期間を今より快適に過ごせたらうれしいですよね。

個人的な不快指数が少しでも減れば、その分、彼や周りの人にも優しくできるかもしれません。まずは軽い気持ちでトライしてみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール


天野りり子
ライター/編集者
大学在学中からライター&編集稼業をスタート。女性誌ではビューティ&ヘルス企画、男性誌では恋愛記事を多数執筆、書籍編集も手がける。
趣味は読書とタロット占い、そして恋バナを収集すること。