Photo by cinemacafe.net

写真拡大

「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル」が20日から23日(現地時間)にかけて開催された。映画やドラマの最新情報をゲットできたり、セレブに会えたりと大きなイベントであることから、気合いの入ったコスプレで訪れるファンも。
今年は『ジャスティス・リーグ』にワンダーウーマンとして出演しているガル・ガドットに会いに、ワンダーウーマンのコスプレをしたある小さな女の子がやってきた。女の子はガルに会うと、感動と緊張のためか泣き出してしまい、ガルは「私たちは友だちになったんだから、もう泣く理由はないのよ」とやさしく話しかけ、にっこり。ほかのキャストも2人の交流を温かく見守り、ベン・アフレックは「かわいい子だ」とつぶやいた。エズラ・ミラーは「きみは戦士だね!」と称え、「準備ができたらジャスティス・リーグに入ってね!」と誘った。

コスプレ魂を見せつけたのは、ファンだけではない。サイン会のときは自身が演じているフラッシュ役の稲妻マークが目立つ帽子をかぶっていたエズラだが、トークイベントでは日本の人気漫画「鋼の錬金術師」の主人公エドワード・エルリックのコスプレで登場。去年の「コミコン」でも『ロード・オブ・ザ・リング』のガンダルフに扮したエズラ。来年は果たして何になりきるのか、期待が募る!



(Hiromi Kaku)

■関連記事:
『ワンダーウーマン』主演のガル・ガドット、ギャラは安すぎ?
ガル・ガドットは“リアル” ワンダーウーマン!「たまには自分を甘やかす日もある」
ガル・ガドット、『ワンダーウーマン』になれたのはビヨンセのおかげ
エズラ・ミラーの“フラッシュ”は「ちょっと天然」!?『ジャスティス・リーグ』初画像
エズラ・ミラー、ファンからサインをねだられ突っぱねた理由