新しい恋の訪れを暗示する手相 親指付け根に「*」がある人は恋のチャンスいっぱい! 

写真拡大

 梅雨が明け、本格的な夏到来。まぶしい太陽のように熱い恋がしたい、そう思っている人も多いでしょう。そこで今回は、新しい恋の訪れを暗示する手相を紹介します。さっそく手を広げてチェックしてみてください。

■感情線の先端がピンク色……モテ体質になっている
 小指の下、手の側面から人差し指方面に向かって伸びる線を「感情線」といいます。感情線の状態で、感情の動きだけでなく異性との関係性もわかります。もし、あなたの感情線の先端がほんのりピンクに色づいていたら、異性を惹きつけるフェロモンが大放出中! モテ体質になっているので、あちこちから誘いの声がかかりそう。悪い男に引っかからないようご注意を。

■金星丘にスターがあらわれている……恋愛のチャンスが増えるしるし
 親指付け根のふくらんだ部分を「金星丘」といいます。ここに3、4本の線が交差してできる「スター(*)」があらわれていたら、近い将来、ステキな出会いに恵まれるサインです。チャンスを逃さないよう、積極的にいきましょう。なお、スターの出現=スター性が輝いている証拠なので、何かと注目されたり、周囲からチヤホヤされるなど、うれしいことが多いでしょう。

■結婚線が上向きになってきた……恋愛運急上昇のサイン
 小指の付け根と感情線の間、手の側面から横方向に伸びる線を「結婚線」といいます。結婚線の状態で、結婚運だけでなく恋愛運もわかります。もし、結婚線の先端が上向きになっていたら、恋愛運が高まっている証拠です。あなた自身、恋に前向きになっているときなので、あっという間に交際に発展していきそう。秋にはゴールインという流れもありそうです。

■影響線があらわれている……運命の出会いが訪れそう
 「影響線」とは、「運命線(中指に向かって伸びる縦線)」を支えるように伸びる、斜めの短い線のこと。もし、影響線が出現していたら、運命的な出会いが近づいているサイン! ちなみに、影響線が親指方面から上昇しているなら、親や兄弟姉妹など身内から紹介される可能性が高いでしょう。小指方面から上昇していれば、友人や職場の同僚などを介して出会いが訪れそうです。

■パートナー線があらわれている……結婚相手が出現するかも
 「パートナー線」とは、生命線の内側(親指側)1〜3ミリに平行して伸びる線のこと。上記の影響線と同じように、パートナー線があらわれているときも、未来の結婚相手と出会う可能性が高い時期です。日頃からオシャレに気を配るなどして、いつ出会っても大丈夫なよう備えておきましょう。なお、パートナー線はよく見ないと見逃しやすいのでしっかり探してみて。

 手相は日々変わるもの。今日あらわれているサインも、明日には消えてしまうかもしれません。あるいは、その逆もあり得るでしょう。サインが出ていたら、チャンスを逃さないよう積極的にいきましょう!
(夏川リエ)※画像出典/shutterstock