ツール・ド・フランスに出場した選手の「脚」がヤバい / 血管が破裂しそうなほど浮き出て過酷さを物語る

写真拡大

女性のなかで、「男性の血管を触るのが好き〜!」という血管フェチの人はいるのではないだろうか。かくいう筆者も、男性の浮き出た血管に萌えてしまうタチなのだが、そんな血管フェチでもビビりまくってしまう画像がネットで話題になっている。

そう、世界一過酷とも言われる自転車レース「ツール・ド・フランス」に出場した選手の脚の血管が、今にも破裂しそうなほど浮き出て超〜っヤバいのである!

・ツール・ド・フランス出場選手の脚にビビりまくり!

ツール・ド・フランスに出場したポーランド出身のパヴェル・ポリャンスキー選手が、全21ステージのうち、16ステージを走り終えた自分の脚の画像を Instagram に投稿。すると、これがとても人の脚とは思えなかった。

なぜなら、脚を網羅する血管が全て見えているのではないかと思われるほどクッキリ! 破裂しそうなほど血管が浮き出た様子は、なんだかホラー映画などに登場するワンシーンように見えなくもないのだ。

・血管フェチも引いちゃうほどヤバい!!

とにかく、プチっと針でも差したら、噴水のように血がドバドバと噴き出しそうな勢いで血管がパンパン。この画像には、血管フェチの筆者も思わず「ひえええ〜!!」とビビってしまった。

しかも、レース中に日差しにさらされた膝が焦げたパンのように色濃く日焼けして、かなり痛々しい……。パヴェル選手自身も投稿に、「16ステージを走破後。僕の脚は少しお疲れ気味みたい」だとコメントを添えている。

・ネットユーザーからも驚嘆の声が!

今まで、‟思わず三度見画像” などを見慣れてきたネットユーザーも、さすがにパヴェル選手の脚には驚いてしまったもようで、以下のような声が挙がっている。

「オーマイガっ!」
「これは人間の脚じゃないよ〜……」
「アスリートってマゾっ気があるのかな」
「これって作り物の脚だよね!?」
「リスぺクトのひと言!」
「(目がハートになった絵文字)」

といった具合に驚嘆&リスペクトの声のほかにも、血管フェチから萌えた絵文字が寄せられている。パヴェル選手の血管に少しビビってしまったが、それでも「触って感触を試してみたい」と思わずにはいられなかった筆者である。

参照元:Instagram @p.poljanski
執筆:Nekolas

インスタグラムをもっと見る