One Tap BUYのユーザーインターフェース。(画像:One Tap BUY発表資料より)

写真拡大

 証券取引アプリ「One Tap BUY」(ワンタップバイ)を提供するOne Tap BUY社は、24日、日本株個別銘柄の取り扱いを開始した。取引単位は1,000円以上1,000円単位であり、つまり1,000円から株主になることもできる。

【こちらも】SBI証券、金・プラチナのリアルタイム取引を7月3日提供開始

 アプリ「One Tap BUY」は、2016年6月、世界的に有名な米国企業30の株の取り扱いからサービスを開始した。2017年2月には日本株ETF銘柄3株を追加し、アプリのダウンロード数は現在、30万を越えているという。3タップで取引ができる、分かりやすいユーザーインターフェースを売りとしている。また、アメリカ株を売却してその資金で日本株を買う、といったような異なる市場間での取引も可能。

 日本での取り扱いも、アメリカ株でスタートした時と同様、30の銘柄からスタートされた。取扱銘柄企業一覧は以下の通り。

 積水ハウス<1928>、明治ホールディングス<2269>、キリンホールディングス<2503>、セブン&アイ・ホールディングス<3382>、花王<4452>、武田薬品工業<4502>、オリエンタルランド<4661>、ヤフー<4689>、楽天<4755>、資生堂<4911>、ブリヂストン<5108>、TOTO<5332>、リクルートホールディングス<6098>、パナソニック<6752>、ソニー<6758>、キーエンス<6861>、ファナック<6954>、村田製作所<6981>、日産自動車<7201>、トヨタ自動車<7203>、本多技研工業<7267>、良品計画<7453>、キヤノン<7751>、任天堂<7974>、ユニ・チャーム<8113>、みずほフィナンシャルグループ<8411>、ヤマトホールディングス<9064>、セコム<9735>、ニトリホールディングス<9843>、ファーストリテイリング<9983>