息子と休暇を楽しんでいたヒラリー・ダフ(画像は『Hilary Duff 2017年7月15日付Instagram』のスクリーンショット)

写真拡大

歌手であり女優でもあるヒラリー・ダフが19日、自宅に泥棒が侵入した。ヒラリーはこの時、偶然にも休暇中で犯人と鉢合わせすることはなかったという。

元アイスホッケー選手マイク・コムリーと離婚し、今はシングルマザーとして2012年に出産した息子を育てているヒラリー・ダフ。その彼女のロサンゼルス邸に泥棒が侵入したが、ヒラリーは息子とカナダで休暇を満喫中だったため犯人に会うことはなかった。

今回の事件につき、ヒラリーの代理人はこう話している。

「怖いことですし、動揺しても不思議ではない状況です。しかしヒラリーは家族、スタッフ、自宅、ペットなど全てが無事であったことに感謝しています。」
「彼女には素晴らしいセキュリティスタッフがいます。今後彼らが同事件について当局にしっかり協力し、安全策をさらに進めて行く予定です。」

ちなみに『TMZ』によると、この事件でヒラリーのジュエリー類が盗まれたといい、かなりの総額になるという。また休暇の様子をインスタグラムにアップしていたため、犯人は「今がチャンス」と彼女の自宅を狙った可能性がある。

SNSで普段の様子をファンに報告するセレブは多いが、その結果窃盗団やストーカーに行動を把握されているという危険性はしっかり意識しておかねばならない。

画像は『Hilary Duff 2017年7月15日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)