メジャー初制覇の夢は全米プロゴルフへ持ち越し(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<男子世界ランキング>
23日(月)付けの最新男子世界ランキングが発表された。
全英オープンを特選フォトギャラリーでプレーバック
メジャー第3戦「全英オープン」で3度目のメジャー制覇を果たしたジョーダン・スピース(米国)が、同大会で14位タイに終わった松山英樹をかわしランク2位に浮上。松山は1つ順位を落とし、3位となっている。
トップは変わらずダスティン・ジョンソン(米国)が独走中。全英オープン-で3位に入ったリー・ハオトン(中国)が107位から63位に。米国男子ツアー「バーバゾル選手権」を制した23歳の新鋭、グレイソン・マレー(米国)が156位から87位にジャンプアップした。
日本勢の2番手は50位の谷原秀人、3番手は65位の池田勇太となっている。
【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(11.87pt)
2位:ジョーダン・スピース(9.35pt)
3位:松山英樹(7.76pt)
4位:ローリー・マキロイ(7.61pt)
5位:セルヒオ・ガルシア(7.02pt)
6位:ジェイソン・デイ(6.58pt)
7位:ジョン・ラーム(6.53pt)
8位:ヘンリック・ステンソン(6.48pt)
9位:アレックス・ノレン(6.38pt)
10位:ブルックス・ケプカ(5.76pt)
50位:谷原秀人(2.55pt)
63位:リー・ハオトン(2.16pt)
65位:池田勇太(2.11pt)
87位:グレイソン・マレー(1.69pt)
121位:小平智(1.31pt)
128位:宮里優作(1.27pt)
147位:今平周吾(1.17pt)
168位:片岡大育(1.06pt)
170位:藤本佳則(1.04pt)
176位:石川遼(0.98pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

1打目OBで消えたメジャーの夢 松山英樹「切り替えができなかった」
激闘を制したジョーダン・スピースがメジャー3勝目、松山英樹は14位
「なんて信じられないカムバックだ」睡眠障害治療中のウッズがスピースを祝福
全英オープン、素晴らしい勝者と敗者【舩越園子コラム】
劇的Vのスピース、語り継がれる“練習場ショット”はこうして生まれた